また随分間が空いてしまいました(^^;

パート&家事&子供のこと諸々...でも作りたいものもいっぱいあるし...

ちょっとでも時間ができると

何かを作ることにあててしまいます(^^)

子供がもっと大きくなって高校、大学くらいになると

もっと時間てできるのかな〜

今はなかなか想像できません(^^;

年が明けてから作ったもの、今日はまとめて♪

まずは、miniタグbag。

今更ながら、ミナペルホネンのmini bagが重宝していて、

去年年末に色々と贈ってくれた友達へのお礼に作りました。

ミナのミニバッグ、よく考えられたサイズだな〜と

使ってみて思いました。

使う前は小さ過ぎて何に使うんだろう...ってちょっと思ってたんだけど、

タンバリンのカフェオレ色が可愛くて

usedで手にしましたら、

沢山持ってる籠バッグにポケットのように使うのにちょうどいいの♪

なので、大好きなゴブラン織りの布では自分用に、

ミナのサイズとほぼ同じサイズで作ってみました。

中布との組み合わせをあれこれ選ぶの楽しいのです♪

黄色い薔薇のこちらは、お友達へ。

かごバッグのブローチの様な感覚で。

こちらは外出といえば電車移動が多いので

私は文庫本やハンカチ、ティッシュを入れてます(^^*)

いろんな布で、また作ってみようと思います。

もう一つ、別のお友達へのこちらもお礼品。

もこもこ羊のコースター。

裏もbrownチェックで珈琲チックに。

のせられる面積が狭くて、実は使いにくいんだけど...(^^:)

ご自宅で開いているtoteバッグ作り教室で

使って下さっているそうです★

こちらはプチ手づくりですが

ちょっとしたリメイク。

お上品過ぎて好きではなかったブランドものの白いハンカチと

白いレースワッペンを

中国茶で染め、ハンカチの嫌い部分に縫い付けました。

なんちゃってアンティーク風...になったかな(^^;)

もとは右のバラのような白色だったのです。

濃い色の中国茶で煮出し、しばらく浸けておきました。

少しむらが出来てしまいましたが。

思い切って白を自己流染色、してみよかったなと思っています♪

何年も使ってフェルト化してしまったお気に入りのニット帽は

縮んでかぶれなくなったので

卓上の小物入れに。ふわり。

家事の合間のなんでもない手芸や活用法をあれこれ考えることが

とんでもなく楽しいのです***

そのなんでもない手芸。これ、まさにそれです(^.^)

圭がまだお腹の中にいた頃、

パパが初めて買ってきたにぎにぎのお人形。

が、もうお役目終了し、ほったらかしになっていたので

小花柄の頭巾とリボンでおめかししたら

また捨てられなくなってしまいました(^^*)

格段に情けなく間抜け顔になりました(*‘-'*)/

こういうラブリーものは全て手芸道具部屋へ。。。(^^*)

リビングは出来るだけ甘甘過ぎないようにしたいのです☆

あ、そう、そのリビング、さっきのmini bagは使わない時は壁に飾ってます。

年が明けて、別側面の壁の絵も変えました。

おととし高松旅で持ち帰って来てから

ずっと飾りたいと思っていた靴の絵が描かれたチラシ。

山口一郎さんの素描だと、掛けて初めて知りました。

最近気になっていた画家さんでした。

本物もちろん欲しいけど、

我が家にはチラシでも充分嬉しいのです...

茶系のブローチは、靴の額の横の、ここにまとめています。

飾り兼収納です。

そして、額の絵を変えたら、

その壁のトップに、もう一飾りほしくなり、

チビの開がいつの日か作った

よくわからない陶の塊が薔薇に見えたので、

茎と葉をつけて、壁飾りのお花をさくっと作りました。

今年は薔薇モチーフがとっても気になります。

まだまだ続くmy手仕事つづり。

高校の時に作ったテディベアです。

日本に帰ってきてig始め、ベアが日本でこんなに人気があるのかと知り...

年末からがさごそと探し、やっと出てきました。

なんとなく気恥ずかしくて、ずっとしまってたけど...

スカラップのテープとかでおめかしてて。腹巻にしか見えませんが...

着せ替え人形みたいに遊んでみました(^^)

昔は女の子だったのですから...お人形の洋服とかちまちま考えるのやっぱり楽しいですね♪

で、ベアが出てきたから、

お人形用の小さなブローチを作ってみたわけです。

薔薇*ちーこいビーズで囲って。

1.2cm×1.7cm。

こちらのお人形さん用のブローチ、

上海でお世話になっているcotticottiさんにいくつか納品しようと思っています。

上海で大人気のkijikkoさんのお人形とプチコラボみたいな感じで♪

いろんな色でお作りしようと思っているので

またご紹介させてくださいね。

最近、薔薇モチーフが気になります♪

と思っていたら、タイムリーにも

バラのブローチのオーダーが入りました。うれし〜〜〜♪

上海で知り合ったMちゃん、大阪に戻られたのですが

春から幼稚園に通う娘さんが、ばら組さんに決まったので

ばらのブローチをと。

実はすずらん組のお姉ちゃんも、スズランのブローチを帽子につけてくれていて、

妹さんにもご注文いただきました。

「3歳の娘も、バラってはっきりわかるみたいで、握りしめて走り回ってました」と

届いてメールいただき、とっても嬉しかったです♪

姉妹で付けてもらえて光栄です(^^*)

こちらもオーダー品。

「マリオ&ルイージ」

息子のお友達兄弟くんへのママからのプレゼントです。

うちの息子達も、SWITCHのマリオカート、オデッセイ大好きで、

二人ともリュックにつけています。

兄弟でお揃いで嬉しいな☆

こちらは岡山でエアロビチーム率いる義姉へのお礼バッチ。

下のはパーカーのロゴです。

ジュニアオリンピックで、姉の指導する選手達が上位入賞し、

波にノッているようです☆

私と弟である旦那にチームのパーカーを送ってきてくれたので

そのロゴのカラーにひっかけて作ってみました(^^)

マイペースでなかなかぶっ飛んだ義姉なので

リュックとかにつけてくれるかな(^^)

もうちょい続く手作りのはなし。

次は、めずらしくお菓子の手づくり。

久しぶりに作りました、簡単ざっくりアップルケーキ。

バター不要、計量カップのみで作れて、懐かしい素朴なケーキです。

な〜ん年も前の天然生活レシピで、教えてって言われて

何人にこのレシピお教えしたことか。

翌朝の朝ごはんにと夜中に焼いたのですが、

焼きたてのさくさくこんがりは絶対ほっとけない...真夜中の大量つまみぐい!

軽くて当たりが滑らかなのが好きで、年々登場頻度が増えてきている

木のカトラリー類。

使っているとかさかさになってきて、ずっと気になっていたのですが

お手入れ、やっと出来ました。

オリーブオイルでまとめて。

特別なクリームを買わなければいけないのかな〜と

ネットで調べたら、オリーブオイルでお手入れできるとわかり。

艶が出て、すっきりしました。

さて、その木のプレートに乗せて、

ついおととい完成させた革の苺のブローチ。

ほんとは籠バッグの持ち手を補修しようと

去年買ってた黒革があって...

うまくいかなかったので、補修はプロに任せようかと(^^:)

黒や茶色の渋色のフルーツが私好きでして。

茶系ブローチのあそこに、サクランボ・リンゴ・イチゴの三大乙女果物を

ただただ並べたかったがために、作ったのでした♪♪♪

まだ、その並べた写真撮ってない。

長々と自己満足な手づくりレポート、全部読んで下さってありがとうございました(^^)

お出掛け記録も、近いうち書きたいな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

クリスマス投稿して以来、久しぶりの更新なので、

まずは年末の納品作品から載せさせて下さいね。

去年年末までにいただいたオーダー品、

年を越える前に全てお渡しできてよかったです。

バイオリンを習っている娘さんへヘアゴムをとのご注文。38mmサイズ。

皮を貼って形を出すタイプにしますか?との提案に

子供がつけやすいボタンがいいですとのこと。

ひなぎく刺繍店始めた頃から

お子様ラインも私にとって大事なお客様です(^^)

つけるとこんな感じです。

私のボサボサ頭ですみません…

Aちゃん、これ付けてバイオリンレッスン行ってくれてるかな〜♪

お渡ししにマンション前に持っていったら

ママ友のYちゃん、スカラップブローチつけてくれていました。

これからお出掛けですって♪

もこもこの淡いグリーンにスカラップの一色が合わさって

とても可愛かったです(^^*)

春色と思って私は作ったこのブローチでしたが、

こんな風に冬にも上手に付けてくれていて、

渡ったお客様によって、

いい意味で自分の作品に対するイメージが解放され刺激になります。

インスタでご縁をいただいたブルーが大好きなRさんからのオーダー品は

ターコイズブルーのもこもこ羊ブローチ。

素敵な繋がりに感謝です。ありがとうございました(^^*)

自分用にはモカ色の羊を。茶色エプロンの職場によく付けていっています♪

さて、前回記事の最後に、お友達からいただいたナンキンハゼを載せたのですが、

その沢山のナンキンハゼで、先月リースを作りました。

一色一種類リースが好きなのですが

このホワイトにはクリームグリーンを合わせたいなぁと思っていたので、

シルバーレースと一緒に差してみました。

全く自己流なので

専門の方から見たら、拙いリースかもしれませんが

とっても気に入っています♪

一ヶ月程経ち、シルバーレースもチリチリになってきたけど

思ったよりもクリームグリーンの色は褪せてきておらず、

レースみたいで可愛いですよ。

代官山蚤の市で、ゴミの様に隅に置かれていたクロスを

年末からちょびちょびお化粧しておりました。

それがようやく出来上がり、

お土産でいただいた湘南チーズパイと生姜甘酒に敷いてみました♪

当初は↑のように、少し幼稚でつまらなかったのです。

なので、ラインと、花中心部のドットの色と、イニシャルを足しました。

ただ、イニシャル逆。。。

Kの途中で気付き、ま、いっか…と(^^;)

籠に被せたり、ボタンのディスプレイに敷いたり、色々使おうと思います。

それにしてもこの湘南チーズパイ、美味しかった〜♪

チーズ味と粉砂糖とサクサクが絶妙。

ありがとう☆Yちゃん(*^^*)

冬休みの帰省から戻ってきてから、

圭と開のお友達からいただいたお土産のお菓子いっぱいで

幸せ心地でした〜〜〜♪

なんだか最近おやつ熱めらめら〜♪♪

お菓子まわりのひとりスタイリングが楽し〜のでございます♪♪♪

こちらは、芦屋・ダニエルのカヌレ。

置くだけでサマになるわね★

これは、冬休みのある日の遅め朝食。

クリスマスのチーズフォンデュで余ったフランスパンを

久しぶりにフレンチトーストにしました。

ほちゃほちゃ苦手なので、しっかり焼きです。

後ろのカフェオレボウルみたいな器は、この前日に買ったばかりのもの♪

アステカの遺跡と北欧風の柄をイメージした

DOUBLE DAYオリジナルの和食器で、

ずっと前から気になっていたのだけど、

在庫いっぱいあるしといつも迷って買わないでいたら

この色、残り一つとなっていたので、あわてて買いました(^^;)

お花のこの柄が可愛いです。

さて時期遅れのクリスマス写真をはさんで…

無事サンタにプレゼントをもらった圭開とともに、

(即席やっつけクリスマスカードを枕元に置く夜中にネムネムで作りました…^^;)

我が家は12月27日〜1月3日まで

旦那さんの実家、熊本・阿蘇で過ごしました。

なんだろう。

違う地に来るとなんでもいちいちかっこよく見えてしまう。

ただの枯れ野原が、ココア色の結晶に見えましたの*

ただの散歩も、特別な夕暮れに映る。。。

そしておじいちゃんおばあちゃんファッションの可愛さったら☆

空港に迎えに来てくれていた義父の褪せたイエローのバンダナ巻きが

なんとも可愛らしく見えました(^^)

全部義母のお手製編み物。

義実家に着くなり楽しい気分になりました。

私達の寝る和室には、何十年も前に作ったであろうフクロウのレトロなクッションと

いつもお借りする義母が織って編んだお手製ガウンが用意されてました♪

玄関を入ると掛けてある大きな大きなタペストリー。

家族の系譜を織りと刺繍で施した義母の古い作品です。

誰に見せる訳でもなく

ただただ家族への想いをのせた手創り。

憧れます。

末っ子長男KENSUKEが旦那です(^^)

私も刺繍をするからわかるけれど、

1.5m×1.5m位はある大きなタペストリー。どれだけ時間がかかったことか…

お義母さん、ほんとにすごい。

そして私の阿蘇滞在中のてづくりといえば、

レトロ手芸*初めてのヨーヨーキルトです。

普段刺繍中毒なので、

帰省中は読書と、刺繍以外の違うものを作ろうと決めています。

着ないミシン刺繍の服を持ってきて、

2人の義姉達に「小籠包」「よぅやるな〜」と言われながら54コ。

こういう作業はおしゃべりしながらがちょうどいい。

54コ作るのはそんなにしんどくなかったけど

案外繋げる作業が大変でした。。。(^^;)

こまか〜いステッチが施されたロマンチックなピンケース、

義母のお針箱に入っていました。

ワタシは要らないからと、私に譲ってくれました。

見たときに、わぁ〜♪*ってなってたので、とても嬉しいです。

下の四角いドイリーは、いつも寄るwaletで見つけました。

義母から譲り受けたもの、もう一つ。

旦那が子供の頃だからもう何十年も前、

京都の家で使っていたというテーブルクロス。

もちろん義母の作ったものです。織りから縁の編みまで。

生成りとは、こういう色をいうのだろうと思いました。

シミもあります。汚れもあります。

でも、長い年月と人の手が創ったなんとも言えないぬくもりや味が漂っていました。

今度は私達が大事に使い、さらに熟成させていきますね。

さてさて、年に一度会えるか会えないかの

2人の義理の姉達に囲まれ、

まだ一年生の開は、2人のおもちゃのようにされていました(^▽^)

夜の宴会では大演奏会とともに

新聞仮装でダンス披露。

まんざらでもない開は、ずーっと弾けまくってました☆

いつまでこんな風に大人の相手してくれるかね〜(^^*)

(5年生の圭は既にひとり漫画読み耽る…)

圭は圭で裂けるチーズを

裂けるだけ裂いて喜んでるし。

まだまだアホです(^ー^)

一週間ずっと居たら80過ぎのじいちゃんばあちゃん、

いくらなんでも疲れるだろうと、近くの温泉へ一泊しに行ってきました。

圭、まんまと卓球にはまってしまいまして。

実家の外のデッキテーブルに取り付けられる卓球セットまで買って

温泉から帰ってからもひたすら卓球しておりました。

あくせく時間の速い普段の生活から離れ、

のんびり阿蘇で過ごすことができました。

じっくり全力で遊んでくれる愉快な伯母達と

あたたかいじいちゃんばあちゃんがいてくれて

圭と開は幸せ者です。

ありがとうございました(*^^*)

滞在中、みんなで阿蘇を野山散歩しました。

新春初たんぽぽに出会いました。

きれいなきれいな黒い艶粒。

ヤブミョウガというそうです。

ざくざくと建った霜柱に人参ズボン。

都会にいたらなかなか目にしないおもしろい自然の姿にいっぱい出会えて、

心が浮き立ちました☆

これから小さな春探しが楽しいですね。

 

今年もいろんなモノコトからときめきをいただきながら

可愛いなぁと想うものを素直につくっていけたらなぁと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐクリスマス★

圭開はアドベントカレンダーをめくりながら指折り数えていますが、

私も、古い社宅のなけなしの玄関スペースにクリスマス飾りを。

ほとんどがもらいものです(*^^*)

毎年載せていますが、極シンプルなこのツリーは、

大学で初めて独り暮らしを始めた私に、父が作ってくれたものです。

それ以来我が家はずっとこの小さなツリーのみ。

父が自分で切ったのであろう赤いフェルトの星が、とても気に入っています。

サンタの学校も

ブリキのサンタも

全て父から昔もらったもの。

もらった時は、そう大してありがたみもなくただ毎年なんとなく飾っていたのだけど、

こうして色々集まって、時が経ってくると、どんどん愛着が増してきております(^^)

そして、こちらも毎年載せてるような気がするけど(^^;)

圭の段ボールサンタ。

3、4年前、圭が2年生の時に描いた絵かな。

ひまわりにサンタって...(^^;)

いいのです。圭ラインナップで★

この腰のくねり具合とか、白や黒のラインとか。

親バカですが、私にとっては世界で一番素敵なサンタクロースなのです。

毎年大事に包んで、12月になったら包みをとって出し、

毎年このクレヨンサンタにぐっときます。

ちなみに、サンタの横のこの皮の鞄は、

我が家のPOST。というか、レシート入れです(^^;)

これも、かれこれ20年以上前?

もういつからあるかわからない位随分昔、父からもらったバリ島土産です。

そして、唯一今年自分で買ったクリスマスものが、

またしても缶…

職場でみつけてつい…

自分の缶好きに困ってしまう(^^;)

中にはドイツのチョコレートが入っておりました。

もうとっくに食べちゃいましたが。。。

クリスマスの飾りつけも終わって、ぼちぼち簡単なお掃除はやりつつ、

この前、ようやく革靴の手入れをまとめてしました。

ちゃんと磨いたらちゃんと蘇るんだね。

革靴好きなくせに全然手入れしてあげない無精者です...

たまに磨いてあげなくちゃね〜

チャックの編み上げブーツは楽チンで大好きで

何度も修理へ出しながら妊娠前からずっと履いています。

同じのまた欲しいけど、なかなか無いんです...

ブーツにベストの季節です。

(↑ブーツ磨く前だから、かさかさ傷だらけ...ごめんよ、ブーツさん;;)

私ばチョッキ”と言う方がしっくり来るのだけど...(*^^*)

wool刺繍のこのベスト、このトシ微妙だけど、

ひとまわりしておばあちゃんになったら可愛いだろうなと育ててます(^^)

とってもあったかいので、家ではしょっちゅう着ていますが♪

そして先週お出掛けのコーデ。

母が昔はいていた赤のタータンチェックのプリーツスカートと

黒のtrippenのブーツと

黒のPコートは、私の冬の鉄板です。

(だからってマンホールか?たまたま)

世界遺産にもなった上野の国立西洋美術館で開催中の

『北斎とジャポニズム』展に友達と行って参りました。

もともと浮世絵は好きなのですが、

北斎の作品と、彼に影響を受けたであろう西洋美術が並べられ、

ルノワール、ドガ、セザンヌら名だたる世界の名匠達が

いかに北斎から学び、真似し、影響を受けたのかが

わかりやすく発見でき、とても見ごたえがある展示でした。

やっぱり日本の北斎はすごい!かっこいい!

本当はそのすぐ近くでやっている「ゴッホ展」も梯子したかったのだけど、

子供の下校時間タイムリミットで断念いたしました。

武蔵小杉から上野は結構遠いし...

しかし、さすがの東京。観たい魅力的な展覧会は次から次へとやってくる。

あれもこれも観たい。贅沢な気が気で無さ。

どれを観ようか、ちゃんと考えなきゃ。身が足りなくなる(^^;)

んでもって今週は、上海からのお客様友達と自由が丘散策へ。

靴を脱いで入るお店へランチ予約を入れてあったので

久しぶりにアンティパストの可愛い靴下を♪

これは、ヤドリギの模様...?

フラワースタイリスト・平井かずみさんのお店「cafeイカニカ」

自由が丘の駅から結構歩いた住宅街に、ひっそりとあります。

人気フラワースタイリストらしく、玄関からさりげない花のしつらえで

迎えてくれます。

靴下といっしょ〜!

最近このヤドリギもよくみかけるな〜

瑞々しい玉のような実がなんとも可愛いです。

店内は自分のお部屋みたいな落ち着いた雰囲気で

お客様も私達以外に、たぶん常連さんらしきご近所の主婦仲間が

のんびりおしゃべりしていました。

女性が好きそうなちまちまっとした惣菜膳ですね。

量は少な目ですが(私にとっては...(^^;)少食の友達は充分と言っていました)

優しいメニューで美味しかったです。

ちなみにお友達がこの日、可愛いサンタクロースのブローチを付けてきていたのでパシャリ。

上海で買って下さった私作の星のビーズブローチ、

とても気に入ってよく付けて下さっているそうで嬉しくなりました☆

クリスマスを理由に久しぶりに色々お買い物してしまったこの日でしたが、

一番右のブルーの小皿も、自由が丘散歩から持ち帰ったお品。

またまた豆皿コレクション増えた。

一枚、また一枚と。だってだいたいがウン百円だし、ね(^^;)

そう、このなんとも乙女な落雁♪

おととい仕事から帰ってきたら、ポストに届いていたの〜

北陸の作家友達teruteruさんから、クリスマスの和菓子が☆☆☆

雪だるまやトナカイ、ツリーなど、

金沢の諸江屋さんのこの時期限定「いろどり」というシリーズの落雁です。

早速、前の日に連れて帰ってきたイラン製のレトロなお皿にのせて

遊んでみました♪

お箱の水玉も、たまらんでしょ〜

梅雨の時期にも贈ってくださったいろどりと並べてみましたよ♪

心がせかせか気ぜわしい時に

いつもふと一呼吸置くタイミングをくれる大事な友達のあたたかさ...

ありがとう☆

そしてそして今日☆

こちらもまた上海で仲良くなったお菓子作り名人のTちゃんから

シュトーレンが届いたの〜〜〜〜〜

嬉し過ぎます。そして美味し過ぎます。

じっくりとラム酒に漬け込んだイチジクやプルーン、甘夏ピール、ナッツ類が

ごろっごろ入ってて、ぷちぷち♪かりかり♪口の中が楽しいのです。

上海から帰ってきてインスタ始め、

こんなにシュトーレンがクリスマスの定番になっているのかと知り、

今年は是非美味しいシュトーレンが食べたいなぁと思ってはいたものの

いつのまにかクリスマス直前...注文とか忘れてて...

そしたらサプライズで、手づくりのシュトーレンが届いて。

もう私の心の中を覗いてたのか!?って位、私にとってタイムリーな贈り物だったので

嬉しかったです。

彼女のお菓子は本当に人を幸せにしてくれます。

Tちゃん、ありがとう*****

最近、夜のお供がおうちにあり、お腹周りがやばいことになってきて困ります(^^;)

大掃除で、子供達が使わなくなったおもちゃを近所の方にもらっていただいたら

ここのレーズンサンドお気に入りなの★と持ってきて下さいました。

これがめーちゃくちゃの美味しさ♪

隣駅日吉のパティスリーデコラシオンのもの。

これまで食べたレーズンサンドTOP3に入る幸せ度でした。

これでわたくし、レーズンサンド食べたい熱に火がついてしまいまして、

つい最近も王道・六花亭のレーズンバターサンドも注文してしまいましてん。しかも生協で。

今もまだ冷蔵庫に残っております。へっへっへ。

子供が寝た後のひとりタイムのお楽しみは、もっぱら甘いもの三昧♪

正月前、里帰り前なのに既にこんなんで大丈夫か〜〜〜

年明けからヨガ行くし!いいよね!!ね!!

最後は、父からの今年のクリスマスプレゼント。

ミシンのかたちをしたオルゴールです。

静かな夜に誰かに届けたくなるしっとりとした音色です。

動画で音を乗せられないのが残念です。(やり方がわからない...)

オルゴールなんて、正直これまで興味もなかったけど

こんなにちゃんと耳を傾けたオルゴールは初めてかもしれない。

それほどなんともいえない雰囲気を持つミシンのオルゴールです。

一緒に行った東京蚤の市で、私が古いデスクランプを買ったから

アンティーク好きなのがわかり、

こちらをプレゼントしてくれたそうです。

大事にしますね。どうもありがとう。

この沢山のナンキンハゼも、

お友達にいただいたもの。

近くの通りに沢山落ちていたそうで、収穫してきてくれました。

白い実、大好きです。

このナンキンハゼで、とっても可愛いもの作りました。

最近のてづくりのもの達のことは

次回書こうと思います。

では、みなさま、良いX‘masを☆^^☆

 

 

 

上海・交通大学でアトリエを構えるハンドメイドユニット『cotti cotti』さんに

冬のボタン納品いたしました。

以前上海に居る時に、たった一つだけ作ったゴブラン織りのお花ブローチ。

布の柄を生かして、ぷっくりと刺繍を施した一品ですが、

今回その新柄として、もうひとつ加えてみました。

久しぶりのゴブランブローチなので、ちょっと緊張しながらの制作でしたが、

クラシックな雰囲気に仕上がり、嬉しい気持ちで上海へ送り出しました(^^*)

よ〜く見るとワインレッドの花びらの根元に

紫色のフレンチナッツを散らばらせたのが、私の小さなこだわりです。

葉っぱも、深いグリーンにブラウンも重ねて、刺繍糸による立体感を楽しんでみました。

限られた布だから、柄取りに限りがあり、布との儚い出会いです。

このゴブラン織りの布は、昔京都の友達からいただいた貴重な布で、

上海にいる時に友達に教えてもらってがま口を作りました。

上海では中国元用のお財布に、

今は珈琲屋さんの勤務中財布として使っています。

表と裏で、柄を変え、

一番好きな部分が来るようにしてあります。

随分汚れてしまったので、一度きれいにしたいのだけど…(^^;)

北欧チックな連続模様のお花は、引き続き最近のお気に入りのモチーフです。

いろいろな色の組み合わせで作っても飽きることがありません(^^*)

38mmサイズなのでワンピースの首元やストール、鞄に付けてもいいし、

ヘアゴムとして使っていただいても、↓こんな感じで意外に大人っぽく可愛いです。

こちらブローチですが、ピン部分にゴムを通して髪飾りとして私はいつも併用しています。

カフェオレみたいなマリメッコ風。

おいしい色に出来上がりました★

今回はお花ものが多いなぁ〜(^^*)

こちらは一転、赤*ピンク*オレンジマリメッコ風。

とにかく目立ちます(^^)

さすが中国、赤色のボタンのお問い合わせが多いそうなので、

入れてみました。

元気があってわかりやすいお花のモチーフ。

暗くなりがちな冬のコートにふわっとこんなの取り入れてみませんか?

前回の納品で送ったスカラップは全て無くなってしまったので、

今回はこの3色、お送りしました。

私も大好きなコーヒー豆みたいな子も入っています♪

冬に人気のもこもこ羊も、沢山入れましたよ♪

新色の茶色地にベージュリネン糸の羊さん。

38mm28mm両サイズお送りしました。

↑こちらは38mmのブローチを髪留めとして使ってみた写真です。

ワンピースの森やPOPヒールなどこっくりした色合いの冬ボタン、沢山送りました。

アトリエ見学には予約が必要なので、上記cotti cottiさんまでお問い合わせくださいませ。

老房子をそのまま活かした味のある建物に入っているアトリエ。

USAコットン生地を使った布物作家xiangxiangさんと

中国人デザイナーhuanghuangさんのお二人が創り出す空間は、

訪れるだけでもきっと女子力上げてくれると思います(^^*)

既に店頭に並べていただいていて、一部無くなってしまった作品もありますが

冬のお土産に是非見にいらしてください♪

納品作品と同時にオーダー作品も。

上海へ行く前の京都時代、

よく通っていた近くの雑貨屋さんのオーナーをされていたYさんと、

帰国後また繋がることが出来、

今お住いの滋賀県からオーダーいただきました。

今はもう雑貨店は閉められましたが、

こうしてまた、娘さんの分とともにわざわざご注文いただき、

とても嬉しいです。

「迷路ブローチ」と「鉛筆ブローチ」

グリーン地の迷路は私も愛用中で大好きなブローチです。

Yさんは、サロペットやニット帽に合わせて使って下さっているようです。

ありがとうございます♪

こちら随分前からオーダーいただいていたミモザブローチ等、

ようやくお渡しすることができました。

小学一年生の開と同じクラスの女の子のママから。

卯年に合わせてウサギのヘアゴムも♪

付けてくれてるMちゃんを思い浮かべるだけで嬉しくなるな〜(^^*)

どうもありがとう。

さて、たくさんのひなぎくブローチを持って下さっているRちゃんは、

ナンキンハゼのリースに、冬っぽいボタンを添えて

可愛くディスプレイしてくれていました。

グレイッシュなトーンが、Rちゃんらしくて素敵です。

私もナンキンハゼをお友達から沢山いただいたので

早くリース作りたいなぁと思っています♪

 

 

 

 

最近の私の宝物。

圭と開が塗り絵した猫の絵。

10月に行った美術館に素敵なパンフレットが置いてあったので

これを子供に塗り絵させたらきっと可愛いだろうなと何枚か持ち帰ってきたものです。

そしたら、予想外な塗り方をし出したものだから、私はびっくりワクワクしながら

完成を待っていました。

たまたま台風の日だったから、圭は猫を台風の模様にしてしまいました(^^)

こちらの猫は、一本一本線の色をグラデーションで変え、

きれいなきれいな螺旋の模様に仕立てました。

どんどん炸裂する模様の勢いと、鮮やかな色彩に、猫は勝手にどんどん生き生きしていきました。


もとはこちらのパンフレットでした。

去年行った香川県の猪熊弦一郎美術館がとてもよかったので、

お!来年展覧会が東京であるんだー!しかも猫にスポットを当てた展示!おもしろそう!!と

シンプルな一色だけの魅力的な猫の絵に惹かれてキープしてきたのです。

単純に猫をべたっと塗っていくかと思ってたら… 

私の想像を軽々と超えて、模様を自分達で生み出していったから。

にやにやしながら見てました(^^)

茶色&ゴールド、山吹色&ブルーのモザイク画のような猫。かっこいいのです。

ボーダーの猫がいたり。

狙わないすごさ。本当にこどもの絵が好きです。

絵本でも、よく敢えて自由奔放な子供が描くようなタッチで描く作家さんも沢山います。

昔はそういう絵本もおもしろいなぁと好きだったのですが、

子供の絵に触れるようになって、

もしかしたら大人はこういう無邪気さや敢えての幼稚さを結局求めてるんだろうなと

逆にそこに狙いや意図を感じてしまうようになり、

あまりにも崩した子供感を全面に出したような有名作家さんは

好きではなくなってしまいました(^^;)

だって、本物のこどもの絵は、

狙いとか何かを求めてとか、無いからな〜その子の世界はあっても。

偉そうなこと書きましたが、なんでもいいんです。

ただの親バカ記事、宝物のはなしです(^^)

仕上がった絵はとりあえずマステで壁にぺたぺた。

いつか額に入れようと思うのだけど。。。

上海で作った圭の2年生3年生の作品も健在。

上海に行って間もない頃、浦東のホテルから見えた景色を描いた絵も。懐かしい。

ずっと圭の絵のことばかり書いてきましたが、

開も最近ようやく、開らしい絵を描くようになってきました(^^)

こちらは↑小1・開の猫。

猫それぞれにこだわりを与える圭に対して

開は「傷だらけのコレは親分、コレはナンバー2...」と全体に物語をつけて

最後一本の線でみんなを囲み、家族にしていました。

個のケイ、和のカイ。性格そのものです。

それぞれの個性が現れるなぁと、本当におもしろい創作となりました。

さて、前回は『冬の白』についてちょっと書いたので

今回は打って変わって『色キチ』写真を(^^;)

秋に催された小学校のフリマでもらってきたヨーヨーが可愛かったので

ごちゃごちゃと飾ってみたシーン。

バリ島で買ったモチーフ編みのバッグと色満載で(^^)

このグレーのヨーヨー素敵だな〜と思って。

我が家男三人なのでリビングはなるべくフラットに、甘くなり過ぎないようにしていますが

作業部屋だけはごちゃごちゃ色が溢れてます…(^^;)

次も色キチ。

秋のてづくり市が終わった翌日、北陸の作家友達から

お疲れ様!と、金沢のはちまんさん落雁のお届けものが♪

何年か前から集めている 

*乙女の金沢 春ららら市* のチラシとこの際並べてみました(^.^)

一度も行けたことはないんですけどもね…

チラシが可愛くて。

昔から収集癖があって困ります(^^;)

アップルサイダー味の食べたことがない落雁でございました。

ひゃくまんさん好き、缶好きな私に!と見つけて送ってくれたteruteruさん。

いつも気にかけてくれてありがとう(*^^*)

今日は息子ギャラリーの日なので、私の記録用にもうひとつ。

先月、主人が関わっていた東京モーターショーへ

家族で初めて行ってきました。

自分があまり車や機械に興味がないものだから

こんなにも人が来るんだと会場の大きさと人の多さにびっくりしたのですが、

ケイ、カイはいろんなブースへ行って体験やクイズ、おまけの品々ゲットにと

色々楽しんでいました。

パパの仕事にも触れることができてよかったね(^^)

 

 

久方ぶりの投稿です。

11月3日の小杉手づくり市、無事終了しまして、

わざわざ埼玉から駆けつけてくれた上海時代のお客様との再会もあったりと

とても嬉しい日となりました。

刺繍カフェにも来て下さったことがあるAさんは、

私にとって上海最後のイベントとなった

自宅での『ひなぎく雑貨店』でお買い上げいただいた星のビーズブローチを

他のブローチと楽しく組み合わせて付けてきてくださいました★

お心遣いがとても嬉しく、心がほかほかしました。

Aさん、来てくれて本当にありがとうございました。

前回のてづくり市で手にして下さったスカラップを

マスタードのお洋服とカラフル元気につけてきてくれたYちゃんは

下の子・開と同じクラスのママ友。

普段もとてもセンス良く、はっとする組み合わせで、さすがでした♪

色が飛んじゃってますが、マスタードのもこもこ羊をこの日買って下さったIさん。

その場で紺のニットに付けて、マスタードのスカートと合わせて帰られました♪

来て下さったみなさん、本当にありがとうございました。

さてさてさて、てづくり市が終わった途端、出かけまくったここ数週間。

まずはてづくり市翌日、上京していた両親と東京蚤の市へ行ってきました。

春に引き続き二度目です。

引き続き行ったのには、お目当てがあったから。

リビングで刺繍の手元を照らすランプをここ数ヶ月ずっと探し求めていて...

やっと!やっと!!出遭えたのです☆

蚤の市には、沢山のお店が全国各地から出店されていて、

古いランプもいっぱいありましたが、

このランプを見た瞬間、じわわ〜〜〜☆☆☆

すぐにじいちゃんを連れてきて、購入決定の後押しをしてもらったのでした(^^)

灯りを消すとこんな姿です。

クリーム色となんとも味のある錆と。

1920年代のアメリカ製のものらしく、角度や向きを自由に変えられます。

しかも小さく折り畳めて(携帯出来る様にですって!)

クリップもついているというすぐれものです。

大阪からの出店だというお店の店員さんも、

知識豊富で(他のお店だと質問に答えられない店員さんも結構いた)

安心して購入することができました。

本当にいいお買い物ができました(^^*)

そしてもう一つのお目当てがこちらのホワイトベリーペッパー。

春に行った時にはピンクペッパーを買ってきたのですが

その時見かけたホワイトペッパーも買っておけばよかったーーーと

ずっと心残りだったのです。

これで作りたいものがあったから...

それは、ホワイトペッパーベリーだけのリース。

春に見かけたとき、ほわぁ〜んとイメージが浮かんだのです。

次蚤の市に行ったら絶対ホワイトペッパー盛り盛り買おうと決めていました。

だから花市ブースで見つけた時にはめっちゃ嬉しかったです☆

2房即購入しました(^^)

何しろ自己流で作ったので、プチプチは枝からとれるわで難しかったですが、

何とか完成しました(^^*)

そしてホワイトリースはここに飾ろうとも決めていました。

白やベージュの端切れを縫い合わせたパッチワーク布の上。

キッチンへとくぐるのがちょっとだけ心踊ります。

見上げてはひとりフフっと自画自賛してます♪

このパッチワーク布、上海ではソファ一部のカバーとして使っていました。

私、白や生成り、ベージュの集まりが好きなので、

作るの自己流で大変だったけど、とっても気に入っているのです。

また端切れがたまってきたので、何か作りたいな~と目論んでます♪

冬の白が好きです。

ここからは少しだけ、最近の『冬の白』を集めて...

スワトウ刺繍など、どこからともなく集まってきた刺繍のハンカチ。

作り物するためアイロンかけようと出したら、その集まりにうっとり。

実家にあったものやもらいもの、リサイクルショップで数百円で買ったもの様々ですが

繊細な刺繍と薄~いハンカチの生地に乙女心がときめきます☆

いくつか合わせてトイレ棚の目隠しを作ろうとしたんだけど、

やってみたらイメージと違っていたので、ハンカチはやっぱりまだこのままコレクションして

ボタンの下に敷いたり、籠にふわりと被せて楽します。

んでもって、そのトイレ棚の縦長の目隠しカバーは、

もうめんどいからリネン布は切りっぱなし、

かわりにレースの余りをぐちゃぐちゃと集め隅っこにくっつけただけのにしました(^^;)

冬の白。

夏に実家で採ってきた立ち枯れの紫陽花がいい具合に色が脱けてきたので

ただ一本、時計の横にマスキングテープで吊るしました。

この脱けた褪せた白、寒々しくて。静かで。でもあたたかくて。

良くないですか?

さて、話しはお出掛けに戻りまして、

東京蚤の市の翌々日、今度は代官山蚤の市に友達と行ってきました。

どんだけ古いもの好きなのよ...て感じですが(^^;

ここではちょこちょこっと布物買った位で。また後日それも載せまーす♪

いや、代官山蚤の市は、この日の第一の目的ではなくて、

一度は行ってみたいと思っていた鹿児島睦さんの展示会の抱き合わせで

寄っただけだったのでした。

そう、ずっと行ってみたいなぁ〜と思っていて...

関東に来たメリットと言っていいでしょう。憧れていたものにどんどんタッチできる。

ものに溢れていてまだまだ戸惑いはあるけれど、

うまくセレクトすれば、やはり新鮮で刺激は多い。

本は持っていても、最近の作品を生で観られる機会はそうないので

会期間際でしたが、2度目だという友達と一緒に行って参りました。

購入は抽選制。

当たるはずもないけれど、大いに悩んで迷って申し込んできましたですよ。

奇跡的に当たらんかな〜(^^;)

そう、代官山蚤の市の近くでやってた

刺繍家Rika ogasawaraさんの作品展を

観られたのも嬉しかったな〜

この日一緒に行った友達も、上海時代に知り合った作家友達。

今はお菓子作りの名人になってて、この日もマフィンを焼いてきてくれました。

もうね、なんじゃこりゃ〜〜〜!!!な美味しさで。

イベントなどでお菓子販売でよく出店されてるそうだけど、

もっと近かったら、絶対買いに行ってるーーー

ほんとに美味しかった★ありがとう(^^)

そう、マフィンとお皿の写真を載せたので、東京蚤の市で買った戦利品をもうひとつ。

肉団子をわざとらしく乗せた緑の小皿も、我が家の豆皿に仲間入りしました。

時代も何焼きかも良し悪しもわからないけど

一枚ずつ安くて可愛いの見つけては集めています。

こちらは300円でした(^^*)

数少ない得意料理の一つ肉団子。

この日はおからとひじきと大豆を入れてみました。

そんなに大食いでもない我が家の男衆3人もばくばく食べておりました(^ー^)

さ〜て、久しぶりに出したお気に入りの古着のワンピース着て

これまた上海時代知り合ったayuujewelyさんと先週、谷中散策へ行ってきました。

関東来てから一度は行ってみたいと思っていた谷中のクリコさんへ。

刺繍好き、東欧好きにはたまらないお店でした。

そのクリコさんで買ったイヤリング。

サボテンの繊維で出来た糸で編んであるそうな。

色の具合が好きです。

武蔵小杉からは結構離れているので、方向音痴な2人で行くには目的のクリコさんだけで

制限時間精一杯でした。

谷中銀座など私の好きな下町風情漂ういい〜感じで

またゆっくり今度散策しに来たいなぁと思った町でした。

ランチしようとむかったカヤバ珈琲は、こんなに人気店だと知らず

行ったら既にずらりとお客さんが並んでいて、今回は諦めました。。。

でも、松野屋にしても、このBISDUITにしても

前から知ってた気になる店が突如ぽんと現れ、

あれ〜この店、こんなところにあったんだ〜と

ある意味期待してなかった出会いの店があったりで

とても楽しかったです。

そしてまた買うマスキングテープ。

ミナのスキップ柄のテープを買ってしもたのでした。

テレビ台の引き出し一段は、マスキングテープ占拠。

一つとして使いきったためしが無いという(^^;)


さて、最後はおとといのお出掛け。

やっとはけた、このスカート。

帰国直前、上海のヴィンテージのお店で迷いに迷って買った

水色チェックのプリーツスカート。

春に買ってwoolなので、この冬からのお出ましです。

なんでこの日水色気分だったかというと

12月2日公開の「ムーミン谷とウインターワンダーランド」の試写会だったから。

なんとなくウインター、水色のイメージ(^^;)

友達に声掛けてもらい、銀座の東映試写室で観たムーミンのパペットアニメーション☆

布感、貼り絵感、花柄、レトロ感、ほのぼの感がたまらなく可愛かったです☆☆

チラシよりも断然映画の中身の方がかわいい!!!

以前観たアニメーションの映画より私はこっちの方が好きでした。

宮沢りえさんの声も、いつのまにかりえさんの声って意識が消えてて、

りえ!感が立ってなくてとても良かったです。

前見た松たか子さんの時は、どうも立っててあまり心地よくなかったのですが

さすが宮沢りえちゃん。素敵な声優務めてはりました。

長いこと書かないと、写真や書きたいことが貯まって貯まって、長々と。。。

ここまで読んでくれてありがとうございました(*^^*)

次は息子ギャラリーも!新しい納品ぼたんも!書きたい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ明日、武蔵小杉駅前商店街で開かれる小杉手づくり市です。

今日は手づくり市に持っていく作品を紹介させてくださいね。

まずは、最近作るのが楽しい北欧ちっくなお花のブローチとヘアゴム。

色んな色で、もっともっと作りたくなります。

今回はこの4色を♪

秋だからか、東欧っぽい色合いが最近の好み。

38mmサイズなので、つけるとぽってり。

一つ結びが楽しくなるヘアゴムです(^^)

一つ結びが楽しくといえば、

こちらビビッドなマリメッコ風の3つのお花。

これは、お客様目線ではなく完全に自分の趣味で作りました(^^;)

売れないかもしれない覚悟で。残ったら自分で使います(^^;)

赤に濃いピンク。なかなかくどいよ。

でもダークカラーになりがちな冬のお洋服に、一差ししたい方はどうぞ。

オーダー品はちょくちょく入る幾何学模様、

イベント用には久しぶりに作りました。

こっくりした色合いの幾何学模様は、

ダッフルコートやモッズコートにもよく合うと思います。

ヘアゴムはこちらの2色。

つけるとこんな感じです。

お団子にもかわいいと思うな★

人気のPOPヒールも4色作りました。

POPヒールは、ママ&娘さんの共用で使っていただけると思います。

共用といえば、大人の苺も、私好きです。

苺は、永遠の乙女モチーフですもの★

こちらブローチですが、ゴムを通して髪飾りとしてくくってみました。

黒地は、モチーフの形が浮かび上がって締まりますよ。

ちなみにこちらの『粒キラ苺』、粒々のドットはゴールドです。

永遠の乙女モチーフといえば、さくらんぼも私の中ではそうかな♪

さくらんぼは、二つ結び用で作りました。

人気のさくらんぼちゃん、紫地ときれいなブルー地でも初めて作ってみました。

ちょっとレトロで、私に娘がいたら三つ編みとかして付けてみたい(^^*)

商店街の手づくり市なので、小さいお子さんも来られるかなと

今回は娘ちゃん路線たくさん作りました。

キノコ・ノコ・ノコ♪

こんなヘアゴム付けてたらきっと可愛いだろうなと思うものを、いつも作っています♪

スワンブローチ*うさぎヘアゴム*猫ヘアゴム

プリント生地にはない、刺繍の可愛さ。

時間はかかるけど、そこに惹かれてずっと作り続けてるんだと思う。

ヘアゴムはざっとこんな感じです☆

お気に入りのひとつが見つかるといいな(^^)

ブローチの集合写真はこちらです。

イベントでは初出しの『海月』の新色と『迷路』も並べてみました。

私自身大好きな『ワンピースの森』

それぞれの木の模様の糸色を見ていただきたいのでアップに載せてみました△△△

『もこもこ羊』

38mmの茶色と黒、

28mmのベージュ、茶、紫、黄色。

もこもこ感を実際手に取って見てみてくださいね(^^*)

最近届いた葉っぱ編みのニット帽に付けてみました。

28mm羊さんはこんな感じです。

38mmはボリュームがあるので、バッグやコートにつけてもモコッと可愛いと思います。

『スカラップ』も相変わらずちくちく楽しいです。

ワンピースやシンプルなワンピースに付けて遊んでもらえればと思います♪

さて、6月のてづくり市にも出した『一色ビーズネックレス』

今回も少し持って行きます。

極細くてシンプルなので、ブローチと付けてもうるさくならず相性抜群です。

プチプラアクセなので、タートルネックとかに重ね付けも♪夏はTシャツに♪

今回ピンクッションも二つだけ作ってみました。

麻紐の受け皿と、レースでおめかし。

お裁縫時間がほっこりするように*****

あす10時〜イトーヨーカドー前の武蔵小杉駅前通りで開催されるてづくり市。

今回38人の作家が出店予定です。

お出掛けがてら、お買い物がてら是非覗いて見て下さいね。

あとはお天気頼み...どうか晴れますように☆☆☆(雨天中止です... )

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私は、写真たくさん撮り貯めるくせに、

これまで一度として撮った写真をアルバムにまとめるとか整理したことがない...。

データだけはどんどんパソコンの中にたまっていくわけですが...(^^;)

なので、ブログ始めてからは、

ブログ書くこと自体が子供達との思い出や写真の整理には良い機会となっています。

今日は最近の圭開の記録用(^^)

ある朝、兄圭が、図工で作った作品をリビングに持ってきた。

早速そのパズルで遊び始める開♪

糸鋸で木のパズルを作ってきました。

好きなように切って、何かの形を見つけるそうです。

圭は洋服の中に、鳥とキリンとカタツムリをデザインしたようです。

カタツムリの形とかなかなかおもしろい。

そして、歯(^=^)

はめ合わせるにはうってつけのパーツ☆

ガチっ!

はまったぞ。

顔のはみだし感とか、圭らしい構図。

圭が小学校1年生の時に描いた私の大好きな絵、運動会の絵を彷彿とさせるパズル。

木ってやっぱりいいね。

リビングテーブルの横にたてかけてあります。

そしてまたとある休日の朝。

圭がフェルトでちくちくとやり出した。

家庭科でフェルトのペンケースを作ったので、第二段を作りたいらしい。

ママ、フェルトちょうだい!と、

手芸用にストックしておいた私のフェルトを奪い、

黙々と運針し出しました。

これがまたなかなかきれいに刺すのでびっくりです。

さすが、前期の通知簿、家庭科と図工はオール◎な5年男児(^‐^)

本返し縫いとか、半返し縫いとか、一応唱えながら進めてました。

そういえば、そんなの習ったな〜

縫い方の名前なんか母はもう忘れちゃったよ。

玉結びもちゃんと出来てる☆

そして完成したのが、下の横長ペンケース。

上のが家庭科で作ってきたもの。

音楽バッグ用のちょこっとペンケースが欲しかったらしいのです。

裏には自分のイニシャルも刺繍(一応刺繍?)して、ワッペンにしてました。

すぐにぼろぼろになっちゃうかもしれないけど、

上出来上出来。上手に出来たね(^^)

何より母は、出掛ける前に一気に作り通す君の集中力にいつも感心するよ☆

このペンケースを作った後に向かったのが

渋谷区の松涛美術館。

友達にチケットをいただいたので、ぶらりと行ってきました。

なかなか建物が渋くて。

「アニマルハウス:謎の館」という不思議な展示会。

木をひたすら削った動物達。

私と旦那は、建物の素敵さもあって楽しめましたが、

子供達は、美術館はすぐ退屈するんだよな〜

でも、彫刻家・舟越桂さんの作品を実際に観ることができて嬉しかった。

小説の表紙などで見たことがあった舟越さんの彫刻作品、

やっぱり他のものとは一線を画す独特の空気を、作品から放っていました。

中国と違って、写真を撮れないのが残念ですが...(^^;)

渋谷と言ったら、関東暮らしはじめての私たちにとっては

若者が集う大都会なイメージで向かったのですが、

中心部より少し歩くと、昔ながらの静かな住宅街や味のあるビルも建ち並び、

帰りに寄った美術館近くの公園も

しっとりした池のある素朴ないい公園でした。

美術館で退屈した圭開は、ここでしばし遊ぶ。

立ち枯れの紫陽花がとても素敵に見えました。

色が濃く褪せ、下にしなだれ。

昔だったら気にも留めなかったシーン。

廃れたしなびた姿に惹かれるのは、年齢のせいでしょうか...

その公園に落ちていた黒いどんぐりもかっこよかった。

今日バッグに紫の布を被せて来てよかったと思った。

公園横にあった雑貨屋に立ち寄ったら、

こんな可愛い緑色のぷちぷち見つけた。

みずみずしい。

美術館と言えば、この展示会も思いのほかよかった。

学校からチケットをもらってきたので、

近くだし、最終日パートが終わってから閉館間際に自転車で向かう。

こちらも展示作品は撮れないので外のポスター写真ですが、

山下清の切り絵のパワーに圧倒され、すごく感動して帰ってきました。

間際だけど、チケットもらったからと向かっただけだけど、

後で心の中で膨らむ目に見えないいいものをもらった気分になりました。

人の持つ感性のパワーってすごい。

さて、前述の松涛美術館に置いてあった色んなパンフレットから

次観たいな〜と思うパンフを持ち帰ってきたのですが、

このうち来年3月に開かれる猪熊弦一郎さんの「猫たち」展のチラシが、

これ、子供達に塗り絵してもらったらかっこいいだろうな!と

何枚か持ち帰り、半ば強制的に塗ってもらいました。

そしたら私の想像以上の塗り絵をし始め...

自分で模様つくるんだよね。子供っておもしろい。

 

まだ完成していないのだけど、

どんな私の宝物に完成するかな...☆

完成したら載せさせてね。

台風続きで、なかなか外に出られなかったここ最近の週末、

あんまり暇だから、久しぶりにLEGOブロックで遊ぶ。

上海のお家にも以前飾ってたけど、

巨大タワー完成★

ボールぶつけて壊れる日は遠くないな。。。(^^;)

そんな開がおととい、

ね〜、ママ、下見て!とご飯作ってたら言いに来た。

おはじきを足の指にはめとる。

ちょっと気持ち悪い(^^;)

が、初めて見た景色(^^)

おはじきも懐かしいおもちゃだけど、

今にもつぶれそうな近所の商店で飛行機買ったら

買って飛ばしたそばから、マンションの階段ゲートに引っ掛けてしまうアホな圭。

でも撮った写真の飛行機の色がなんとなくノスタルジックだったので

載せてみる。

夏休みが明けて秋になるまであっという間で、

圭開と出掛けた場所をなかなか載せられないでいたので、

あくまでも私の記録として綴ります。

こちらは9月に行っ横浜のズーラシア。

昼からのんびり行ったので、閉園までに全部周りきれず。

でも、象の水飲みキャッチやトラのアップ、可愛いサルの親子など、

動物園はたまに行くと、へ〜と新鮮な驚きがあり

子供の頃に戻ったようなワクワク感があるので大好きな場所です。

横浜市運営だからか入園料800円というのも安くて行きやすい。

次回は反対のゲートから入ってリベンジしたいなぁと思っています。

それにしても、誰とでもすぐに友達になる下の子。

毎日誰かと約束してきて、遊び相手には事欠かない下の子。

親は楽です(^^*)

んでもって、こちらは東京ドームシティ。

友達から2000円で乗り物ずっと乗り放題でなかなか楽しめるよと

教えてもらったので、

もう2ヶ月の前だけど行ってきた時の写真。

洗練されすぎず、適度にダサゆるいアトラクションが、

2人にはちょうど良かったかな(^^)

ショッピングモールも併設なので、一日楽しめました。

最近行ったのは、川崎市の「藤子・F・不二雄ミュージアム」

登戸駅からのバスもドラえもん仕様です♪

降車ブザーもドラえもん。

社内もドラえもんだらけした。

ミュージアムのエントランス前にあったポールにも鈴が(^▽^)

私結構これが一番ツボだったかも★

混雑防止のため、ネットで予約してのみしか行けないミュージアムですが、

若いカップルや外国からのお客さんも沢山いて、

ドラえもん人気はさすがでした。

ドラえもんレストランは、案の定60人待ちとかだったから、

即行諦め、近くのファミレスで食べました。

さて、まちなかはハロウィングッズだらけ。

我が家はようやく下の子も小学校に上がり、

上海に居た去年までのようにハロウィンイベントに向け頑張らなくてよいので、

気が楽です(^^)

極度にめんどくさがりの私は

自分の関心外の事柄には出来るだけノータッチでいたいのでございます(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週から上海市交通大学駅近くのアトリエ「cotticotti」さんで、ひなぎくのボタン達が

並んでいます。

こんなに可愛く並べていただいて、このアトリエの主、xiangxiangさんに感謝です★

既に無くなってしまったものもありますが、気になるブローチなどありましたら

界隈お出掛けがてら、是非アトリエにお立ち寄り下さいませ。

アトリエに訪れる際は、予約必要なのでこちら↓にご連絡下さい。

さて、秋もすっかり深まり最近急に寒くなってきました。私の秋のお買い物。

上海行く前の京都にいた頃から、お友達が持っていたのを見て、

ず〜〜〜っと欲しいなぁと思っていた籐ポット。

やっとやっと好みのものを手に入れました。

古道具屋を営む友人が見つけてくれました。

我が家はタイガー製。幾つかのメーカーから出されていたようですが、

私は蓋も木製が良く、取っ手もこの色が良かったのです。

今は製造されていないため、レトロ好きには人気があるのか

どんどん高くなってきているよう。

私は中古で磨きが必要だったため、なんと500円でGETです★

中はぴかぴかだったため購入決定。

わかりますか?奥の黒い籐が、磨く前。手前が磨いた後。

拭く程度ではとれなかったので、

布と爪楊枝で汚れを削りながら1時間かけて磨きに磨いたら可愛さが蘇りました。

上海帰りの人なら、必ず一つは持っているであろう切り絵。

帰国時に友達からいただいたのですが、

黒のプラスチックの額があまり好きではなかったので、

木の額に入れなおしたらやっとしっくりきました(^^)

古いものといえば、

黄土色の葉っぱ柄がノスタルジックで、ひと目見て欲しい!と思ってしまった古布。

実家の椅子カバーとして使われていたのですが、

秋のクッションカバーを作りたいと思い送ってもらいました。

なかなかカバーにとりかかれないので、とりあえずパソコンに被せて秋気分。

夏に義母から譲り受けたクリーム色のブランケットも、

寒くなってきたので出しました。

このブランケット、旦那が赤ちゃんだった頃、

当時住んでいたアメリカで、隣人が編んでプレゼントしてくれたそう。

なので結構古いです。

熊本の実家へ帰省する度に、

小さかった圭と開も寝る時に使わせてもらってきました。

そして圭と開もはみ出すようになり、この夏、お義母さんが譲ってくれました。

私、編み物詳しくないので、なんという編み方かわからないのだけど、

ぽこぽこと肉厚な温かみのある編みと、スカラップのような縁と、

まろやかなこのクリーム色が、とってもとっても大好きだったので、

くれると言って下さった時、すごく嬉しかったのです。

大事にずっと使おう。

そしてその義母が作ってくれたリスはちょっと怖いのです(^^*)

でも好きなのです。

糸から自分で紡ぎ、草木染めをし、編んでくれたリス。

長男・圭が産まれた時に作ってくれた真ん中の元祖。

あまりにも味があるので、仲間を追加注文しました。

目が笑ってない。目が離れてる。だから、ちょっと怖いんですよ。

でも、おばあちゃんが作るものってなんでこんなに味があるんだろう。

この話を聞いた友達は、

「お家の守り神のリス達だね」って言ってた。

そうかもしれない(^^)

そう、さっきの葉っぱの古布と一緒に、

石川の実家から先日、母の畑で採れた季節の野菜がわんさか送られてきた。

栗、柿、ナス、瓜、薩摩芋などなど。

レトロ生地で作ったエプロンとたまたま一緒の小さな小さなプチトマト。

オレンジ色のプチトマト。

さくらんぼの様に甘かった。

ありがとう。

その野菜で晩御飯として作ったポテトサラダ。

を、翌朝、ポテサラパンとして手抜き朝食に。

てか、これ食べるために前の晩たくさんポテトサラダを作ったというべき。

焼いたトーストにバター塗って、ポテサラのせて、

私と旦那は粗挽きコショーがりがり。

ハムがなかったのでシーチキンバージョンです。

これ食べて、私は友達ともみじ市へ出かけたのでした↓。

手紙社が毎年多摩川河川敷で主催している大人の文化祭と銘打ったイベントです。

あいにくの雨でしたが、沢山の人がきていました。

私は、小菅幸子さんのブローチをつけて、

あわよくば作家さんご本人とお話してみたいなぁと向かったのですが、

甘かった。。。

小菅さんブースは午前中に配られた整理券を持った人のみ購入権利があり、

それでもすごい列。

いや〜、人気作家さんはすごいなぁ。

遠くからちらっと眺めて、ぐるり一周しました。とても寒かったですが、

こんなに素敵なドライフラワーの作品が観れたりして、楽しかったです。

もみじ市もさることながら、

市のあと友達と入った溝の口のビストロが、

ワインも手頃で種類豊富、お料理も美味しく、

冷えた体が嬉しかったです♪

そのもみじ市で買ったもの。

「昭和スナックママ、小林さん」

このイラストレイターさんが描いた何種類かあるメモ帳のうち、

この小林さんと、パンダ柄が売り切れでした。

その最後の一つを、私が連れて帰りましたとさ。

中は白黒。

そして真鍮の極細リングも。

そう、最近、真鍮のアクセサリーに惹かれるのでありまして、

先月も、このbird風ブローチをポチっとしちゃいました。

ミナペルホネンの端切れで作った昔からのブローチ達と並べてみたら、三日月の様...

このお花は、chumっていう名前の柄なんですね...

ミナも、、、好きだけどあまり詳しくはない私なので(^^;)

ミナ本で調べて初めて知った。

固い厚紙を形どおり切るのが大変だった黒のchum柄ブローチは

よく黒のワンピースと合わせていますが、

こちらキャメル地のお花も早く作りたいんだな〜

なかなか自分のもの作る時間がない...

最近働きに出ているお店が

コーヒーとワインと外国もののパッケージ好き

という理由で入ったのでありまして、

しかもエプロンが、私が好きな茶色なので、

それに合う動きやすい服を選んでしまう今日この頃。

先週無印良品週間だったので、

マロン色のボーダー見つけるやいなや!ラス1のXS見つけるやいなや!

またまたボーダー増えちゃいました(^^;)

今では毎号買うことはなくなったけれど

今月号は レトロ*小さな暮らし の文字に惹かれて買いました。

10年以上前の号からずっととっといてある『天然生活』

石川の実家にもまだまだストックがあるのでありまして。。。

昔のちょっと野暮ったい感じの記事も、たまにめくるとほっこりするのです...

 

 

 

 

 

 

 

まずはお知らせです。

前回6月に初めて開催された小杉てづくり市の第二回目が、

11月3日(金・祝)10時〜武蔵小杉駅前で開かれます。

ひなぎく刺繍店もまた出店させていただきます。

連休初日のお出掛けがてら、是非覗いて見て下さいね♪

今回は38人の作家さんが出店されるということなので、更に賑わいそうです☆

さて、10月に入り、2つのお店にひなぎくのボタンを納品させていただきました。

まずは山口県宇部市の「はるとゆき雑貨店」さんへこちらの12個を。

38mmサイズの大きなブローチも沢山お送りしています。

先週土曜日から店頭で並べていただいていて、

既にいくつか無くなってしまったものもありますが

もし近くにお住いの方がこのブログを見てくださっていたら、

ぜひ、秋色のブローチを探しに「はるとゆき雑貨店」へお立ち寄り下さいね(^^)

古いたばこ屋をそのまま生かしたレトロな、とても素敵な雑貨屋さんです。

営業日などはHPでご確認下さい↓

zakkaharutoyuki.crayonsite.net

前回納品時には、この『海月』目当てにダッシュで駆けつけて下さった方がいらしたと聞き、

とても嬉しかったです。

わりとクセのあるデザインなので、

上海では毒好きな方がまれにつまんでいってくれる程度で

影に隠れた存在だったのですが、

はるとゆきさんに出会ってから、ようやく陽の目を見るようになりました。

今回は新色としてこの2色を新たに刺繍しました。

ちなみにバックの本は、はるとゆき雑貨店店主Nさんが昔出した小説「夜汽車」です。

表紙絵がとても素敵なので、「海月」と共に撮らせていただきました。

紫がかったグレー地に、くすんだ水色・紫・蛍光サーモン、鶯色の糸で刺した海月。

ポイントは、所々空いた穴から見える下色の薄いオレンジ色です。

はるとゆき雑貨店さんにお送りしたこちら

茶色地に、グレー・パープル・グリーン・ピンク・黒で海月を刺繍しました。

この前十五夜だったからか、だんだん月にも見えてきた...

クレーター...

『ワンピースな森』は、秋になると特に作りたくなるモチーフです。

地の色と、糸の色の組み合わせで、全く違った雰囲気の森が生まれます。

でもどれも共通して込めている想いは、

絵本から飛び出してきた様な森。。。

つけるとそこに物語が生まれるような。。。

森とは打って変わって、極シンプルな一色の枝だけの『木』ブローチ。

タートルネックの首元につけたら可愛いなぁと、はるとゆき店主Nさんが選んだ2色です。

久しぶりに刺繍した『すずらん』は

クラシカルなお色にしてみました。

くすんだインディゴブルー、黒、紫の3色です。

ドットの色もそれぞれ違い、

ちょっとアンティークっぽいイメージで刺したつもりです(*^^*)

お洋服につけるとこんな感じです。

グレーやブラック、ブラウンのワンピースにも合うし、

すずらんが白いので、清楚な白の服につけてもお上品です。

この新色・紫地のすずらんは、↓上海にお送りしています。

交通大学駅近くにアトリエを構える「cotti cotti」さんで

来週16日あたりから店頭に並ぶ予定です。

アトリエ見学など詳しくは↑こちらの連絡先までお問い合わせください。

帰国前、私も一度お邪魔したことがありますが、

まるで古い映画の撮影に使われそうなとても雰囲気のある老房子の中にあるアトリエです。

一歩中に入れば、そこはアトリエ住民xiang xiangさんとhuang huangさんお二人のワールドです☆

そんな空間でまたご一緒させてもらえて、とても光栄です☆

なんでも最近、古い素敵な机を拾ってきたそうで、

ここにひなぎく刺繍店のボタンを飾って下さるかもしれないとのこと☆

素敵〜☆☆

わくわくします(^^*)

それにしても拾ったってすごい!

家具は拾い物ばかりだそうです(^・^)

日本じゃ、こんなのめっちゃ高い、ちょっと味のある古いものは、、、

どんな風にディスプレイされるのか、私も楽しみです。

最後、納品前勢ぞろいした『もこもこ羊』の記念撮影写真を。

ずらり。もこもこの群れです。

初めて刺してみたツイード生地の羊ちゃん。

オレンジのツイードで、こっくりあったか感を。

バッグやニット帽、コートにベスト。。。

冬のお供にどこにでも連れてってやってください(^^*)

cotti cottiさんには、この4頭お送りしています。

ところで、今回ブローチのキャンバスとしていっぱい使ったこのブラウス。

最近2色目を買ってしまったユニクロの長〜い名前のブラウス。

エクストラファインコットンギャザーブラウス。

夏前にブラウンを買い、よく着るので

ネット限定カラーのグレーを、セール期間ぎりぎり最終日にたまたまセーフで買いました。

だって1290円。ブローチ好きにはとっても使いやすいのよー。

首の詰まった感じも好み。

上海へお送りした紫の『ワンピースな森』もつけるとこんな感じで締まります。

でももちろん、後ろのボタンは、貝ボタンにやっぱり付け替えました。

白のプラスチック製のボタンが、どうしても好きになれない。

髪を結ぶので、見えるんです。

誰も気付かない、私だけの小さなおしゃれです、これでも(^^*)

ボタンの付け替えといえば、つい最近、この白いブラウスのボタンも替えました。

一年間位、このエメラルドグリーンのガラスボタンだったのですが、

気分ではなくなったので、

ずーーーっとお蔵入りになっていた

奈良・くるみの木で買った貝ボタンをふと思い出して、

付け替えましたとさ♪

わかりにくいですが、ひとつひとつ形が全部違うボタンなんです。

これでまた今の気分で白いブラウスが楽しめます♪

さて、今日は3連休最終日、体育の日でした。

我が家は、兄の圭と私はテニス、弟の開とパパはサッカーと

二手に分かれて行動しました。

朝から市民テニスデーみたいなのに参加し、

一日中楽しそうにテニス三昧の圭を待つ間、

私は読みたかった小説を読んでいました。

鹿児島睦さんの描いた表紙に惹かれてamazonで購入した「ぱりぱり」

ジャケ買いなので、いつも内容はそこまで期待せずに読み始めるのですが、

表題作「ぱりぱり」よかったです。

大げさではないむしろ淡々した姉妹の心情描写に、

あるときふと、作者のあたたかい眼差しが行間に差し込まれ、

ふいに目が潤む瞬間がやってきます。

普段ばたばた忙しくて小説を読む時間がなかなかないので

たまにこうやって本の世界に入ると、心が洗浄された気分になります。

瀧羽麻子さんの本は、

これまた昔タイトルとその字体に惹かれて読んだ「うさぎパン」からの

2冊目。

「ぱりぱり」まだ全部読み終わってないので、早く続きを読みたい...

スポーツの秋の息子、読書の秋の私、

そんな体育の日連休最終日でした。

ではでは、山口のみなさん、上海のみなさん、どうぞよろしくお願いいたします(^^*)

 

 

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

刺繍カフェの詳しい内容

オーダーについて

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM