いよいよ明日、武蔵小杉駅前商店街で開かれる小杉手づくり市です。

今日は手づくり市に持っていく作品を紹介させてくださいね。

まずは、最近作るのが楽しい北欧ちっくなお花のブローチとヘアゴム。

色んな色で、もっともっと作りたくなります。

今回はこの4色を♪

秋だからか、東欧っぽい色合いが最近の好み。

38mmサイズなので、つけるとぽってり。

一つ結びが楽しくなるヘアゴムです(^^)

一つ結びが楽しくといえば、

こちらビビッドなマリメッコ風の3つのお花。

これは、お客様目線ではなく完全に自分の趣味で作りました(^^;)

売れないかもしれない覚悟で。残ったら自分で使います(^^;)

赤に濃いピンク。なかなかくどいよ。

でもダークカラーになりがちな冬のお洋服に、一差ししたい方はどうぞ。

オーダー品はちょくちょく入る幾何学模様、

イベント用には久しぶりに作りました。

こっくりした色合いの幾何学模様は、

ダッフルコートやモッズコートにもよく合うと思います。

ヘアゴムはこちらの2色。

つけるとこんな感じです。

お団子にもかわいいと思うな★

人気のPOPヒールも4色作りました。

POPヒールは、ママ&娘さんの共用で使っていただけると思います。

共用といえば、大人の苺も、私好きです。

苺は、永遠の乙女モチーフですもの★

こちらブローチですが、ゴムを通して髪飾りとしてくくってみました。

黒地は、モチーフの形が浮かび上がって締まりますよ。

ちなみにこちらの『粒キラ苺』、粒々のドットはゴールドです。

永遠の乙女モチーフといえば、さくらんぼも私の中ではそうかな♪

さくらんぼは、二つ結び用で作りました。

人気のさくらんぼちゃん、紫地ときれいなブルー地でも初めて作ってみました。

ちょっとレトロで、私に娘がいたら三つ編みとかして付けてみたい(^^*)

商店街の手づくり市なので、小さいお子さんも来られるかなと

今回は娘ちゃん路線たくさん作りました。

キノコ・ノコ・ノコ♪

こんなヘアゴム付けてたらきっと可愛いだろうなと思うものを、いつも作っています♪

スワンブローチ*うさぎヘアゴム*猫ヘアゴム

プリント生地にはない、刺繍の可愛さ。

時間はかかるけど、そこに惹かれてずっと作り続けてるんだと思う。

ヘアゴムはざっとこんな感じです☆

お気に入りのひとつが見つかるといいな(^^)

ブローチの集合写真はこちらです。

イベントでは初出しの『海月』の新色と『迷路』も並べてみました。

私自身大好きな『ワンピースの森』

それぞれの木の模様の糸色を見ていただきたいのでアップに載せてみました△△△

『もこもこ羊』

38mmの茶色と黒、

28mmのベージュ、茶、紫、黄色。

もこもこ感を実際手に取って見てみてくださいね(^^*)

最近届いた葉っぱ編みのニット帽に付けてみました。

28mm羊さんはこんな感じです。

38mmはボリュームがあるので、バッグやコートにつけてもモコッと可愛いと思います。

『スカラップ』も相変わらずちくちく楽しいです。

ワンピースやシンプルなワンピースに付けて遊んでもらえればと思います♪

さて、6月のてづくり市にも出した『一色ビーズネックレス』

今回も少し持って行きます。

極細くてシンプルなので、ブローチと付けてもうるさくならず相性抜群です。

プチプラアクセなので、タートルネックとかに重ね付けも♪夏はTシャツに♪

今回ピンクッションも二つだけ作ってみました。

麻紐の受け皿と、レースでおめかし。

お裁縫時間がほっこりするように*****

あす10時〜イトーヨーカドー前の武蔵小杉駅前通りで開催されるてづくり市。

今回38人の作家が出店予定です。

お出掛けがてら、お買い物がてら是非覗いて見て下さいね。

あとはお天気頼み...どうか晴れますように☆☆☆(雨天中止です... )

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私は、写真たくさん撮り貯めるくせに、

これまで一度として撮った写真をアルバムにまとめるとか整理したことがない...。

データだけはどんどんパソコンの中にたまっていくわけですが...(^^;)

なので、ブログ始めてからは、

ブログ書くこと自体が子供達との思い出や写真の整理には良い機会となっています。

今日は最近の圭開の記録用(^^)

ある朝、兄圭が、図工で作った作品をリビングに持ってきた。

早速そのパズルで遊び始める開♪

糸鋸で木のパズルを作ってきました。

好きなように切って、何かの形を見つけるそうです。

圭は洋服の中に、鳥とキリンとカタツムリをデザインしたようです。

カタツムリの形とかなかなかおもしろい。

そして、歯(^=^)

はめ合わせるにはうってつけのパーツ☆

ガチっ!

はまったぞ。

顔のはみだし感とか、圭らしい構図。

圭が小学校1年生の時に描いた私の大好きな絵、運動会の絵を彷彿とさせるパズル。

木ってやっぱりいいね。

リビングテーブルの横にたてかけてあります。

そしてまたとある休日の朝。

圭がフェルトでちくちくとやり出した。

家庭科でフェルトのペンケースを作ったので、第二段を作りたいらしい。

ママ、フェルトちょうだい!と、

手芸用にストックしておいた私のフェルトを奪い、

黙々と運針し出しました。

これがまたなかなかきれいに刺すのでびっくりです。

さすが、前期の通知簿、家庭科と図工はオール◎な5年男児(^‐^)

本返し縫いとか、半返し縫いとか、一応唱えながら進めてました。

そういえば、そんなの習ったな〜

縫い方の名前なんか母はもう忘れちゃったよ。

玉結びもちゃんと出来てる☆

そして完成したのが、下の横長ペンケース。

上のが家庭科で作ってきたもの。

音楽バッグ用のちょこっとペンケースが欲しかったらしいのです。

裏には自分のイニシャルも刺繍(一応刺繍?)して、ワッペンにしてました。

すぐにぼろぼろになっちゃうかもしれないけど、

上出来上出来。上手に出来たね(^^)

何より母は、出掛ける前に一気に作り通す君の集中力にいつも感心するよ☆

このペンケースを作った後に向かったのが

渋谷区の松涛美術館。

友達にチケットをいただいたので、ぶらりと行ってきました。

なかなか建物が渋くて。

「アニマルハウス:謎の館」という不思議な展示会。

木をひたすら削った動物達。

私と旦那は、建物の素敵さもあって楽しめましたが、

子供達は、美術館はすぐ退屈するんだよな〜

でも、彫刻家・舟越桂さんの作品を実際に観ることができて嬉しかった。

小説の表紙などで見たことがあった舟越さんの彫刻作品、

やっぱり他のものとは一線を画す独特の空気を、作品から放っていました。

中国と違って、写真を撮れないのが残念ですが...(^^;)

渋谷と言ったら、関東暮らしはじめての私たちにとっては

若者が集う大都会なイメージで向かったのですが、

中心部より少し歩くと、昔ながらの静かな住宅街や味のあるビルも建ち並び、

帰りに寄った美術館近くの公園も

しっとりした池のある素朴ないい公園でした。

美術館で退屈した圭開は、ここでしばし遊ぶ。

立ち枯れの紫陽花がとても素敵に見えました。

色が濃く褪せ、下にしなだれ。

昔だったら気にも留めなかったシーン。

廃れたしなびた姿に惹かれるのは、年齢のせいでしょうか...

その公園に落ちていた黒いどんぐりもかっこよかった。

今日バッグに紫の布を被せて来てよかったと思った。

公園横にあった雑貨屋に立ち寄ったら、

こんな可愛い緑色のぷちぷち見つけた。

みずみずしい。

美術館と言えば、この展示会も思いのほかよかった。

学校からチケットをもらってきたので、

近くだし、最終日パートが終わってから閉館間際に自転車で向かう。

こちらも展示作品は撮れないので外のポスター写真ですが、

山下清の切り絵のパワーに圧倒され、すごく感動して帰ってきました。

間際だけど、チケットもらったからと向かっただけだけど、

後で心の中で膨らむ目に見えないいいものをもらった気分になりました。

人の持つ感性のパワーってすごい。

さて、前述の松涛美術館に置いてあった色んなパンフレットから

次観たいな〜と思うパンフを持ち帰ってきたのですが、

このうち来年3月に開かれる猪熊弦一郎さんの「猫たち」展のチラシが、

これ、子供達に塗り絵してもらったらかっこいいだろうな!と

何枚か持ち帰り、半ば強制的に塗ってもらいました。

そしたら私の想像以上の塗り絵をし始め...

自分で模様つくるんだよね。子供っておもしろい。

 

まだ完成していないのだけど、

どんな私の宝物に完成するかな...☆

完成したら載せさせてね。

台風続きで、なかなか外に出られなかったここ最近の週末、

あんまり暇だから、久しぶりにLEGOブロックで遊ぶ。

上海のお家にも以前飾ってたけど、

巨大タワー完成★

ボールぶつけて壊れる日は遠くないな。。。(^^;)

そんな開がおととい、

ね〜、ママ、下見て!とご飯作ってたら言いに来た。

おはじきを足の指にはめとる。

ちょっと気持ち悪い(^^;)

が、初めて見た景色(^^)

おはじきも懐かしいおもちゃだけど、

今にもつぶれそうな近所の商店で飛行機買ったら

買って飛ばしたそばから、マンションの階段ゲートに引っ掛けてしまうアホな圭。

でも撮った写真の飛行機の色がなんとなくノスタルジックだったので

載せてみる。

夏休みが明けて秋になるまであっという間で、

圭開と出掛けた場所をなかなか載せられないでいたので、

あくまでも私の記録として綴ります。

こちらは9月に行っ横浜のズーラシア。

昼からのんびり行ったので、閉園までに全部周りきれず。

でも、象の水飲みキャッチやトラのアップ、可愛いサルの親子など、

動物園はたまに行くと、へ〜と新鮮な驚きがあり

子供の頃に戻ったようなワクワク感があるので大好きな場所です。

横浜市運営だからか入園料800円というのも安くて行きやすい。

次回は反対のゲートから入ってリベンジしたいなぁと思っています。

それにしても、誰とでもすぐに友達になる下の子。

毎日誰かと約束してきて、遊び相手には事欠かない下の子。

親は楽です(^^*)

んでもって、こちらは東京ドームシティ。

友達から2000円で乗り物ずっと乗り放題でなかなか楽しめるよと

教えてもらったので、

もう2ヶ月の前だけど行ってきた時の写真。

洗練されすぎず、適度にダサゆるいアトラクションが、

2人にはちょうど良かったかな(^^)

ショッピングモールも併設なので、一日楽しめました。

最近行ったのは、川崎市の「藤子・F・不二雄ミュージアム」

登戸駅からのバスもドラえもん仕様です♪

降車ブザーもドラえもん。

社内もドラえもんだらけした。

ミュージアムのエントランス前にあったポールにも鈴が(^▽^)

私結構これが一番ツボだったかも★

混雑防止のため、ネットで予約してのみしか行けないミュージアムですが、

若いカップルや外国からのお客さんも沢山いて、

ドラえもん人気はさすがでした。

ドラえもんレストランは、案の定60人待ちとかだったから、

即行諦め、近くのファミレスで食べました。

さて、まちなかはハロウィングッズだらけ。

我が家はようやく下の子も小学校に上がり、

上海に居た去年までのようにハロウィンイベントに向け頑張らなくてよいので、

気が楽です(^^)

極度にめんどくさがりの私は

自分の関心外の事柄には出来るだけノータッチでいたいのでございます(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週から上海市交通大学駅近くのアトリエ「cotticotti」さんで、ひなぎくのボタン達が

並んでいます。

こんなに可愛く並べていただいて、このアトリエの主、xiangxiangさんに感謝です★

既に無くなってしまったものもありますが、気になるブローチなどありましたら

界隈お出掛けがてら、是非アトリエにお立ち寄り下さいませ。

アトリエに訪れる際は、予約必要なのでこちら↓にご連絡下さい。

さて、秋もすっかり深まり最近急に寒くなってきました。私の秋のお買い物。

上海行く前の京都にいた頃から、お友達が持っていたのを見て、

ず〜〜〜っと欲しいなぁと思っていた籐ポット。

やっとやっと好みのものを手に入れました。

古道具屋を営む友人が見つけてくれました。

我が家はタイガー製。幾つかのメーカーから出されていたようですが、

私は蓋も木製が良く、取っ手もこの色が良かったのです。

今は製造されていないため、レトロ好きには人気があるのか

どんどん高くなってきているよう。

私は中古で磨きが必要だったため、なんと500円でGETです★

中はぴかぴかだったため購入決定。

わかりますか?奥の黒い籐が、磨く前。手前が磨いた後。

拭く程度ではとれなかったので、

布と爪楊枝で汚れを削りながら1時間かけて磨きに磨いたら可愛さが蘇りました。

上海帰りの人なら、必ず一つは持っているであろう切り絵。

帰国時に友達からいただいたのですが、

黒のプラスチックの額があまり好きではなかったので、

木の額に入れなおしたらやっとしっくりきました(^^)

古いものといえば、

黄土色の葉っぱ柄がノスタルジックで、ひと目見て欲しい!と思ってしまった古布。

実家の椅子カバーとして使われていたのですが、

秋のクッションカバーを作りたいと思い送ってもらいました。

なかなかカバーにとりかかれないので、とりあえずパソコンに被せて秋気分。

夏に義母から譲り受けたクリーム色のブランケットも、

寒くなってきたので出しました。

このブランケット、旦那が赤ちゃんだった頃、

当時住んでいたアメリカで、隣人が編んでプレゼントしてくれたそう。

なので結構古いです。

熊本の実家へ帰省する度に、

小さかった圭と開も寝る時に使わせてもらってきました。

そして圭と開もはみ出すようになり、この夏、お義母さんが譲ってくれました。

私、編み物詳しくないので、なんという編み方かわからないのだけど、

ぽこぽこと肉厚な温かみのある編みと、スカラップのような縁と、

まろやかなこのクリーム色が、とってもとっても大好きだったので、

くれると言って下さった時、すごく嬉しかったのです。

大事にずっと使おう。

そしてその義母が作ってくれたリスはちょっと怖いのです(^^*)

でも好きなのです。

糸から自分で紡ぎ、草木染めをし、編んでくれたリス。

長男・圭が産まれた時に作ってくれた真ん中の元祖。

あまりにも味があるので、仲間を追加注文しました。

目が笑ってない。目が離れてる。だから、ちょっと怖いんですよ。

でも、おばあちゃんが作るものってなんでこんなに味があるんだろう。

この話を聞いた友達は、

「お家の守り神のリス達だね」って言ってた。

そうかもしれない(^^)

そう、さっきの葉っぱの古布と一緒に、

石川の実家から先日、母の畑で採れた季節の野菜がわんさか送られてきた。

栗、柿、ナス、瓜、薩摩芋などなど。

レトロ生地で作ったエプロンとたまたま一緒の小さな小さなプチトマト。

オレンジ色のプチトマト。

さくらんぼの様に甘かった。

ありがとう。

その野菜で晩御飯として作ったポテトサラダ。

を、翌朝、ポテサラパンとして手抜き朝食に。

てか、これ食べるために前の晩たくさんポテトサラダを作ったというべき。

焼いたトーストにバター塗って、ポテサラのせて、

私と旦那は粗挽きコショーがりがり。

ハムがなかったのでシーチキンバージョンです。

これ食べて、私は友達ともみじ市へ出かけたのでした↓。

手紙社が毎年多摩川河川敷で主催している大人の文化祭と銘打ったイベントです。

あいにくの雨でしたが、沢山の人がきていました。

私は、小菅幸子さんのブローチをつけて、

あわよくば作家さんご本人とお話してみたいなぁと向かったのですが、

甘かった。。。

小菅さんブースは午前中に配られた整理券を持った人のみ購入権利があり、

それでもすごい列。

いや〜、人気作家さんはすごいなぁ。

遠くからちらっと眺めて、ぐるり一周しました。とても寒かったですが、

こんなに素敵なドライフラワーの作品が観れたりして、楽しかったです。

もみじ市もさることながら、

市のあと友達と入った溝の口のビストロが、

ワインも手頃で種類豊富、お料理も美味しく、

冷えた体が嬉しかったです♪

そのもみじ市で買ったもの。

「昭和スナックママ、小林さん」

このイラストレイターさんが描いた何種類かあるメモ帳のうち、

この小林さんと、パンダ柄が売り切れでした。

その最後の一つを、私が連れて帰りましたとさ。

中は白黒。

そして真鍮の極細リングも。

そう、最近、真鍮のアクセサリーに惹かれるのでありまして、

先月も、このbird風ブローチをポチっとしちゃいました。

ミナペルホネンの端切れで作った昔からのブローチ達と並べてみたら、三日月の様...

このお花は、chumっていう名前の柄なんですね...

ミナも、、、好きだけどあまり詳しくはない私なので(^^;)

ミナ本で調べて初めて知った。

固い厚紙を形どおり切るのが大変だった黒のchum柄ブローチは

よく黒のワンピースと合わせていますが、

こちらキャメル地のお花も早く作りたいんだな〜

なかなか自分のもの作る時間がない...

最近働きに出ているお店が

コーヒーとワインと外国もののパッケージ好き

という理由で入ったのでありまして、

しかもエプロンが、私が好きな茶色なので、

それに合う動きやすい服を選んでしまう今日この頃。

先週無印良品週間だったので、

マロン色のボーダー見つけるやいなや!ラス1のXS見つけるやいなや!

またまたボーダー増えちゃいました(^^;)

今では毎号買うことはなくなったけれど

今月号は レトロ*小さな暮らし の文字に惹かれて買いました。

10年以上前の号からずっととっといてある『天然生活』

石川の実家にもまだまだストックがあるのでありまして。。。

昔のちょっと野暮ったい感じの記事も、たまにめくるとほっこりするのです...

 

 

 

 

 

 

 

まずはお知らせです。

前回6月に初めて開催された小杉てづくり市の第二回目が、

11月3日(金・祝)10時〜武蔵小杉駅前で開かれます。

ひなぎく刺繍店もまた出店させていただきます。

連休初日のお出掛けがてら、是非覗いて見て下さいね♪

今回は38人の作家さんが出店されるということなので、更に賑わいそうです☆

さて、10月に入り、2つのお店にひなぎくのボタンを納品させていただきました。

まずは山口県宇部市の「はるとゆき雑貨店」さんへこちらの12個を。

38mmサイズの大きなブローチも沢山お送りしています。

先週土曜日から店頭で並べていただいていて、

既にいくつか無くなってしまったものもありますが

もし近くにお住いの方がこのブログを見てくださっていたら、

ぜひ、秋色のブローチを探しに「はるとゆき雑貨店」へお立ち寄り下さいね(^^)

古いたばこ屋をそのまま生かしたレトロな、とても素敵な雑貨屋さんです。

営業日などはHPでご確認下さい↓

zakkaharutoyuki.crayonsite.net

前回納品時には、この『海月』目当てにダッシュで駆けつけて下さった方がいらしたと聞き、

とても嬉しかったです。

わりとクセのあるデザインなので、

上海では毒好きな方がまれにつまんでいってくれる程度で

影に隠れた存在だったのですが、

はるとゆきさんに出会ってから、ようやく陽の目を見るようになりました。

今回は新色としてこの2色を新たに刺繍しました。

ちなみにバックの本は、はるとゆき雑貨店店主Nさんが昔出した小説「夜汽車」です。

表紙絵がとても素敵なので、「海月」と共に撮らせていただきました。

紫がかったグレー地に、くすんだ水色・紫・蛍光サーモン、鶯色の糸で刺した海月。

ポイントは、所々空いた穴から見える下色の薄いオレンジ色です。

はるとゆき雑貨店さんにお送りしたこちら

茶色地に、グレー・パープル・グリーン・ピンク・黒で海月を刺繍しました。

この前十五夜だったからか、だんだん月にも見えてきた...

クレーター...

『ワンピースな森』は、秋になると特に作りたくなるモチーフです。

地の色と、糸の色の組み合わせで、全く違った雰囲気の森が生まれます。

でもどれも共通して込めている想いは、

絵本から飛び出してきた様な森。。。

つけるとそこに物語が生まれるような。。。

森とは打って変わって、極シンプルな一色の枝だけの『木』ブローチ。

タートルネックの首元につけたら可愛いなぁと、はるとゆき店主Nさんが選んだ2色です。

久しぶりに刺繍した『すずらん』は

クラシカルなお色にしてみました。

くすんだインディゴブルー、黒、紫の3色です。

ドットの色もそれぞれ違い、

ちょっとアンティークっぽいイメージで刺したつもりです(*^^*)

お洋服につけるとこんな感じです。

グレーやブラック、ブラウンのワンピースにも合うし、

すずらんが白いので、清楚な白の服につけてもお上品です。

この新色・紫地のすずらんは、↓上海にお送りしています。

交通大学駅近くにアトリエを構える「cotti cotti」さんで

来週16日あたりから店頭に並ぶ予定です。

アトリエ見学など詳しくは↑こちらの連絡先までお問い合わせください。

帰国前、私も一度お邪魔したことがありますが、

まるで古い映画の撮影に使われそうなとても雰囲気のある老房子の中にあるアトリエです。

一歩中に入れば、そこはアトリエ住民xiang xiangさんとhuang huangさんお二人のワールドです☆

そんな空間でまたご一緒させてもらえて、とても光栄です☆

なんでも最近、古い素敵な机を拾ってきたそうで、

ここにひなぎく刺繍店のボタンを飾って下さるかもしれないとのこと☆

素敵〜☆☆

わくわくします(^^*)

それにしても拾ったってすごい!

家具は拾い物ばかりだそうです(^・^)

日本じゃ、こんなのめっちゃ高い、ちょっと味のある古いものは、、、

どんな風にディスプレイされるのか、私も楽しみです。

最後、納品前勢ぞろいした『もこもこ羊』の記念撮影写真を。

ずらり。もこもこの群れです。

初めて刺してみたツイード生地の羊ちゃん。

オレンジのツイードで、こっくりあったか感を。

バッグやニット帽、コートにベスト。。。

冬のお供にどこにでも連れてってやってください(^^*)

cotti cottiさんには、この4頭お送りしています。

ところで、今回ブローチのキャンバスとしていっぱい使ったこのブラウス。

最近2色目を買ってしまったユニクロの長〜い名前のブラウス。

エクストラファインコットンギャザーブラウス。

夏前にブラウンを買い、よく着るので

ネット限定カラーのグレーを、セール期間ぎりぎり最終日にたまたまセーフで買いました。

だって1290円。ブローチ好きにはとっても使いやすいのよー。

首の詰まった感じも好み。

上海へお送りした紫の『ワンピースな森』もつけるとこんな感じで締まります。

でももちろん、後ろのボタンは、貝ボタンにやっぱり付け替えました。

白のプラスチック製のボタンが、どうしても好きになれない。

髪を結ぶので、見えるんです。

誰も気付かない、私だけの小さなおしゃれです、これでも(^^*)

ボタンの付け替えといえば、つい最近、この白いブラウスのボタンも替えました。

一年間位、このエメラルドグリーンのガラスボタンだったのですが、

気分ではなくなったので、

ずーーーっとお蔵入りになっていた

奈良・くるみの木で買った貝ボタンをふと思い出して、

付け替えましたとさ♪

わかりにくいですが、ひとつひとつ形が全部違うボタンなんです。

これでまた今の気分で白いブラウスが楽しめます♪

さて、今日は3連休最終日、体育の日でした。

我が家は、兄の圭と私はテニス、弟の開とパパはサッカーと

二手に分かれて行動しました。

朝から市民テニスデーみたいなのに参加し、

一日中楽しそうにテニス三昧の圭を待つ間、

私は読みたかった小説を読んでいました。

鹿児島睦さんの描いた表紙に惹かれてamazonで購入した「ぱりぱり」

ジャケ買いなので、いつも内容はそこまで期待せずに読み始めるのですが、

表題作「ぱりぱり」よかったです。

大げさではないむしろ淡々した姉妹の心情描写に、

あるときふと、作者のあたたかい眼差しが行間に差し込まれ、

ふいに目が潤む瞬間がやってきます。

普段ばたばた忙しくて小説を読む時間がなかなかないので

たまにこうやって本の世界に入ると、心が洗浄された気分になります。

瀧羽麻子さんの本は、

これまた昔タイトルとその字体に惹かれて読んだ「うさぎパン」からの

2冊目。

「ぱりぱり」まだ全部読み終わってないので、早く続きを読みたい...

スポーツの秋の息子、読書の秋の私、

そんな体育の日連休最終日でした。

ではでは、山口のみなさん、上海のみなさん、どうぞよろしくお願いいたします(^^*)

 

 

 

 

 

 

前回からの続きタイトル***我が家の夏休み手作り編***にしようかとも思ったのだけど、

さすがに夏休みももうピント外れかなと思いまして...(^^;)

でも後半に、我が家の手作りもろもろ書きます。

7月からひなぎく刺繍店のブローチを取り扱っていただいている

山口県宇部市「はるとゆき雑貨店」へ2度目の納品をいたしました。

前回納めたブローチが、ありがたいことに完売していたので、

夏休みの帰省から戻ってきてから、子供達とのわちゃわちゃの隙間を縫うように

せっせと作りました。

*flower peacock*

新色はブルー地とベージュ地。

色合わせがほんとに楽しかった♪

*もこもこ羊*

夏が過ぎる頃から、もこもこ作業のシーズンが始まります。

38mmサイズの真ん中の羊は、グレーのカシミア毛糸、

約3cmの赤とグレー地は、白い綿糸を使っています。

*ハリネズミ*

こちらも新色です。

キャメル色地にグレーと、くすんだ水色地に茶色の針針を刺してみました。

*北欧のお花*

最近、このお花を刺繍するのがときめく。

ルシアンの地刺しのチラシを参考に、普通布用にアレンジして刺してみたのだけど、

6月の手作り市で出してみたら、好評でしたので、

色んな色の組み合わせで楽しんでいます*****

お菓子みたいにお皿に並べてみたり*****

ブローチですが、ヘアゴムを通して髪飾りとして使うとこんな感じになります。

38mmサイズなので、可愛く主張してくれます♪

*海月*

そして、はるとゆき雑貨店の店長Sさんが、いたく気に入ってくれている海月ブローチ。

先週の水曜日から店頭に出ているボタン達、じつは海月はもう無いのですが、

海月を目当てにダッシュで来られた方もいらっしゃったようで、

本当に嬉しいです。

次回、新色も納める予定ですので、またよろしくお願いします。

ちなみに↑海月ブローチの下に敷いた毛糸のモノ、

はるとゆきさんへ納品時、一緒に添えた鍋敷き。

着なくなったセーターで鍋敷き作りましたので、

一方的にオーナーSさんに送りつけちゃいました(^^;)

ル・クルーゼやグラタン皿をどん!と食卓に置くことが我が家ではあり、

鍋敷きよく使うので作ったのですが、ご迷惑だったかしら...(^^;)

ご注文品のレモン含め、こちらのブローチ達を納品いたしました。

既に半分以上が無くなってしまったようですが、

毎週水曜日、土曜日or日曜日の週2〜3日オープンののんびりした雑貨屋さんですので、

是非、お近くに行かれた際は、和みにお立ち寄り下さいませ♪

                            (photo:星野聡子)

インスタでの繋がりからご縁をいただいた「はるとゆき雑貨店」さん。

店主Sさんご自身も2人の男の子のママということもあって、

とても楽しくやりとりさせていただいています。

オープン日はHPでご確認ください。

zakkaharutoyuki.crayonsite.net/

これは前回7月の納品ボタンの写真ですが、

こんなに可愛く店内に置いて下さり...

チャイナ服のこけしは、私の上海つながりでディスプレイして下さったとのこと(^^*)

作品に対して愛情を持って接して下さる素敵な店主さんに巡りあえて

本当に幸せ者だと思います。

これからも丁寧にお作りしようと、励みになります。

さて、ここからは、ボタン以外で夏休みに作ったもの。

またまた作ってしまったビーズの一色ネックレス。

これは随分前、もう夏休み入る前だったかもしれないけど、

6月の小杉てづくり市で全部売れてしまったので、自分用に全色と、

オーダーいただいていた数本を一気に☆

留め具代わりのトンボ玉。

集まると賑やかでまた可愛いの☆

前の作業の時も書いたけど、

作ってる途中も、ぷちぷちビーズが散らばって、綺麗なのです。

夏には、こんな組み合わせで私は着ていたり...

淡いくすみエメラルドグリーンが可愛いでしょ(^^*)

極々細いので、乙女色持ってきても、

ガーリーになり過ぎなくて私は気に入ってます。自画自賛。

秋っぽいところでいくとこんな感じ。

黄色はこれからいっぱい登場しそう。

そして注文を受けていたブルーと白。

長らくお待たせしてしまいましたが、夏休み中にお渡ししてきました。

この日は、てづくり市で買って下さったスカラップブローチを付けてくれていて、

早速その場で、ビーズのネックレスを合わせて下さいました。

黒のシンプルなTシャツに映えて、嬉しいです★

ちなみにこの時食べたランチ。

新丸子の牛タンのお店。とても美味しかったので、また行きたい♪

ランチといえば、こちらもバレエチュチュのヘアゴムを働く友達に渡しに行った際に

食べたウニトマトクリームパスタ。

ぺろりでした。

大手町のビジネス街、こんなことがないと行く機会がない。

ビルに立ち並ぶ数々のお店でビジネスマンがお昼をこぞって食べている風景、

新鮮でした。

その友達に、熊谷銘菓「五家宝」をいただいたので、

帰って自作の水玉皿に並べてみる。

乳白色の土ものの器が好きです。

ひびの様な模様、貫入がいとおしいのです。

私は専ら板作りですが、息子とパパはろくろが上手。

陶芸家である義姉作の面取りの器は万能です。

あたたかいお茶が美味しい季節なってきました。

年中hot派なので、これからの季節うれしいです。秋大好き。

お菓子といえば、こちらも近所のお友達にいただいたので。

マッターホーン。

缶も可愛いけど、紙袋も可愛かったのでつい。

もひとつランチといえば、神奈川・青葉台のアジアンビストロ「Dai」で

先週食べた海南チキンとパッタイが、美味しかった〜

久しぶりに会った友達は、久しぶりに木のぼたんブローチをつけてくれてた。

Rちゃん、いつも季節に合わせて楽しんでくれてて、嬉しいです。

んでもって私はいうと、こんな格好でこの日はRちゃんの家へ。

同じ時期に関東に帰国してきて、初めてRちゃんの新居へお邪魔してきました。

毛糸刺繍のネセセアのバッグも、秋になり出番になりました。

Rちゃんの家の近くでふらりと立ち寄ったリサイクルショップで

200円で買ったスワトウ刺繍のハンカチ。と、木の鞄の取っ手。

スワトウのハンカチは何枚かコレクションしているのですが、

薄くて繊細でこの気の遠くなるような中国スワトウ地方の手わざ。

ボタンを載せたり、カバー代わりに被せたり。いろいろ使えるので、嬉しい収穫物でした。

Rちゃんの家にも何体か飾ってあったけど、

上海で知り合ったお人形作家kijikkoさんにもらったお人形も、

秋っぽく着せ替えしました☆

マルチカラーのチェックリネンでワンピース作って

(といってもギャザー寄せて縫い付けただけだけど...)

黒のぽこぽこレースで襟巻き風におしゃれしてみました。

さすがに、44歳でこのラブリーおきゃんは、

外には身に付けていく勇気は特に日本帰って来てからは無いので、

専ら、刺繍部屋に飾って、気分女子力上げてます(^^;)

勢いで載せてしまえば、44歳のサクランボ★

夏の黒い服にはだいたいこのサクランボイヤリング付けていました。

チープだけど、意外と飽きずに使っています★

さて、最後は子供の夏休みの手作り品。

圭が夏休み、近くの陶芸教室で作ってきた器たち。

7月生まれだから、持ち手を7にしたピッチャー☆

男の子らしくななかなかいい!

こちらは石鹸置き。

荒削りな無骨な、圭らしい作品。

パパはこれが一番好きらしい。

母は、刺繍ぼたんの小道具としても使わせてもらっているよ。


消しゴム入れつきのペン立てと(^^)

家族それぞれで大きさが微妙に違う箸置きと。

焼きあがって持ち帰ってきた圭の作品を並べて、私はにこにこくすくす和みました(^^)

そんな圭、毎年夏休みの自由研究は、頑張って凝った工作していたのだけど、

今年は2人とも手抜き(^^;)

親子木工教室が学校であったので、パパ、圭、開で参加し、

開はもうこの作品を提出しようということに。

圭は科学教室で作ったリニアモーターカーとそのレポートまとめを提出。

昨日、夏休み作品展から持ち帰ってきたので、開の作品、本立てを、

わざとらしく私の小説並べて撮りました。

だって、ドラゴンボールのマンガとか、、、サマにならないんだも〜ん。

圭のはすでに自分の部屋でナルトの本が並んでいるので、そうなる前に。

作品展観にいったら「ミラクルほんたて」って題名書いてあった。

作ったのほとんどパパなのに...(^^;)。

で、なんでミラクルなん?て聞いたら

木目がうねうねしていて、ミラクルに見えたから、らしい。

なるほど。ちゃんとこどもなりの訳があるのね。 

木の本立て、自由工作だけど、普通に使えて普通に可愛くて、いい。

やっぱり木のものはいいね。

読書の秋。

ほんとはここから最近読んだ本、読みたい本、DVDとか書きそうな勢いなんだけど、

いつまでたってもブログが終わらないので、一旦締めます。

ご拝読、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:手作り/ハンドメイド雑貨

夏休みの思い出、金沢編。記録として。

今回の帰省は、私の高校の同窓会が卒業後25年ぶりに初めて開催させる知らせが来たので、

それに合わせてお盆に帰ることに。

恩師も沢山出席、100人を超える大規模なホテル会場での開催とあって、

私もかなりどきどき。

ましてや私は4年間上海に居て、浦島太郎状態だったので、途絶えていた仲のいい友達とも

再び繋がる機会が持てて、参加できてほんとによかったです☆

で、その短い帰省中に、ここだけは行こうと思っていたのが「ミナペルホネン金沢」

金沢・石引の静かな住宅街にすーんと現れたミナ。

いやー、門構え?店構え?からして、もうびっくりでした、意外で。

地元民からすると、余計そう感じるのかもしれませんが。

店内に入るには、靴をスリッパに履き替えて、貴重品以外の荷物も預ける形です。

中庭から入る自然光を活かし、

灯りも程々にほの暗く、緊張感漂うくらいの佇まいでした。

思い切り和らしく、どっぷり金沢らしく。

渋かった。

皆川さんの、金沢でお店をとの想いがどっしり詰まったこだわりを感じました。

昔10年間働いていた会社の近くにミナ直営店が出来るなんて

なんか不思議な感じがしました。

街中にわかりやすく在るんじゃなくて、

こうやって電信柱に道しるべ書かなきゃわからないような

ほんとに閑静な住宅街に突如現れるの。

ミナを確実に目指す人しか行かないような、そんな場所にあえて。

自信と動じないスタンスがある証拠だな〜と思いました。


さて、和な建物が続きますが、

今回何年かぶりに主人も一緒に石川帰省してたので、

めずらしく、ちょっとお上品なところで食事の予約をしておりました、私の父が。

地元白山市の割烹料理屋「喜多」。

普段がちゃがちゃした男児2人がいるものだから、

こういうお店はめったに行けないのですが、

たまにこうして落ち着いて食事をするのもいいものですね。

お料理もいろんな種類の繊細なお品がこじんまりと出され、とても美味しかったです。

そして、お庭には鯉がたくさん泳いでいて、

子供に餌やりタイムを持たせてくれて、

2人うきゃきゃ言いながら、餌をあげていました(^^)

いつものことながら、お料理写真をまた撮り忘れたので、

唯一石川帰省で撮ったお料理写真を...

上海からの作家友達teruteruさんが連れて行ってくれた

「Au milieu de la vie」のランチ。

teruteruさんもご実家が金沢なので、去年の夏以来久しぶりの再会です。

といっても、筆まめなteruteruさん、お便りをこまめに下さるので

そんなに久しぶりには、私は感じませんでしたけどね〜(^^)

地元野菜をふんだんに使ったお野菜凝縮料理のフルコースで、

もうお腹が充分はちきれそうなのに、シェフがどんどん色々出して下さるので

ほんと久しぶりに腹二十分目くらいの状態でご馳走様いたしました。

ありがとうございました!栄養で満たされました!!

石川に帰ると必ず行く海。

でも今年の夏は涼しくて、一度しか海には行けませんでした。

この日も雲も波も多く、どうしようか迷ったけど、

まぁ気分だけでもね、と、家から15分の海岸へ。

行く前は、しぶっていた圭開ですが、

波を前にすると、子供の野生の血が騒ぐのか、

浮き輪にロープつけて、心配性のじいちゃん頑張って波で遊ばせておりました。

本気遊びの写真は、、、無い(^^;)

そして、石川帰省最終日、

じいちゃんばあちゃんが立山登山に圭開を連れて行ってくれました。

去年の夏に引き続き2度目。私はお留守番、自由行動です。

前日までお天気心配でしたが、当日は絶好の登山日和!

いい写真も撮れました(^▽^)

いつもいつもフットワーク軽く、圭と開にいろんな体験をさせてくれて本当に感謝してます。

お父さんお母さんありがとう。

うちの兄弟は、普段世界一仲が悪いので、

たまにこういう写真を見ると。。。ふふふ、と想います。

私の見えないところでは、それなりに兄は弟の面倒をみているらしい。

私の前でも、見てみたい。(^^)

そうやって、親が圭開をプール連れてってくれてたある日、

私は鬼の居ぬ間に、紫陽花の巨大リースを作りました。

大人の自由工作です。

庭の立ち枯れ紫陽花で、たまたま家にあった直径50センチの枠でリースを。

かなりの大きさです(^^;)

自分ひとりで作るのは初めてだったけど、まあまあの出来♪

実家に帰る度に想う、植物園のような庭...なんて贅沢なんだろう。

なんとか崩れないように父が梱包してくれて、

無事武蔵小杉の家に持って帰ることができました。

緑のソファの上に飾ってます。

ところで、私はいつも実家の帰省には、缶入りのお土産を買うことにしています。

で、缶は私が持ち帰る。という魂胆です。缶が好きなんです。

今回は北陸新幹線に乗り込む直前にぱっとDEAN&DELUCA。

フランスmassillyのクッキー。バター濃厚で美味しかったです。

んでもっていつ載せよういつ載せようとなかなか絡みがなかったので、

載せられないでいたパンダ缶。

上海から本帰国した時のお土産にしたものです。

浦東空港にて。

パンダのお菓子やチョコレートはよく見かけてたけど、

この渋顔のちょっとレトロな缶はここで初めて見つけたので、

両親喜ぶとは到底思えなかったけど、即購入。ごめんね、また缶は私行き。

怪しいですね〜、こわいですね〜。中のチョコはこんなん。味フツー。

でもでも、可愛過ぎないパンダの缶は、なかなかの充実感がありましたのでした。

リビング用裁縫箱として使っております。

(表に見えないように引き出しに入れて隠して使っております。)

(なんで買ったんや?いや味があり好きは好き。

 一応でも部屋にそぐわないかもしれない、怪しさはぬぐえない、

 という客観的な目も損なってはおりません。)

***我が家の夏休み、次はものづくり編***

 

 

 

9月に入りましたね。すーっと涼しくなりました。ほっとします。

遅ればせながら、我が家の夏休みを。記録として。

まずは、8月頭に一週間ほど、主人の実家のある熊本へ行ってきました。

去年春の震災後、私と息子達は始めての来熊。

爪痕もまだまだあったけれど、雄大な阿蘇の山々や自然に大いに癒されました。

熊本に訪れる度に、義理の姉夫婦が必ず連れて行ってくれるのが、阿蘇・吉無田水源の川遊び。

今回もお約束のお好み焼きセット持参でいざ出陣。

護岸工事と銘打って、毎度岩肌を義理の姉とのぼるのです。

結構急で高いのです。もちろん私は無理。のぼったことありません…^^;

どんどんのぼって、上の方で、兄が捕ってきたのが、

サワガニ!

かわいかった〜〜〜

2匹捕まえ、しばしおうちつくってあげて。

帰りには川へかえしてあげました。ばいばい。また来年も来るからね♪

大きな木の苔もとっても綺麗なの。

マイナスイオンいっぱいです。

おそろしく冷たい急な流れの川の中も、

ガンガン進む兄、ビビりの弟(^^;)

午後から雨がぱらついてきたので、残念ながらお好み焼きは家のバンガローで

焼いて食べましたが、涼しい夏の思い出になりました。義姉夫婦に感謝です。

その川遊びから帰ってきたら、駐車場にいたこの煌びやかな虫。

義姉曰く「道案内」って別名があるらしいよ、ほんとの名前忘れたけど…

なにせ、緑といい生き物といい、ありとあらゆる自然が、こちらは濃い気がします。

普段都会のど真ん中に住んでるから、余計そう感じてしまうのかな。。。

ちょっと散歩に出ただけで、そこらじゅうにこんなきれいな草花が溢れているのです。

自然の色は美しいです。自らの色は瑞々しいです。

贅沢な散歩だな〜って思います。

だって都会の社宅に住んでたら、植物がなかなかこんな風には手に入らない...

この紫陽花のような変わったお花、何て名前かな〜って思ってたら

「カシワバアジサイ」っていうらしいです。

ドライにして無事武蔵小杉の家に持ち帰りました(^^*)

ドライフラワーといえば、お店いっぱいにドライフラワーが吊り下げられている

「ガレット」という阿蘇のカフェに、旦那さんとランチに行って来ました。

息子二人を祖父母が連れ出してくれたので。

ちょぉ〜っと、、、旦那と行くにはもう可愛い過ぎたかな...(^^;)

でかい旦那にはドライフラワーがなんと似合わないことか...と苦笑のショットです。

ガレットは美味しかったです★

赤い扉が可愛かったり、

卵の殻を植木鉢にした多肉植物も可愛かったり。

でもやっぱりいい年齢超えた夫婦にはちょっと甘すぎなお店だったかな(^^;)

もっと若い頃、女同士の友達と来たら素直にときめいてたかも…

でもドライフラワーは結構絵になりました***

そして、今回の熊本帰省の際行きたいと思っていたお店「ecru et pousse」へ。

外観はそう目立たない、一見通り過ぎてしまいそうな飾り気の無い佇まいなのですが

扉を開けると、そこには可愛らしいゆきさんが待っていてくれるのです。

インスタで大人気の有名な方らしく、ドキドキして入ったのだけど、

気さくに色々お話ししてくださるゆきさんと素敵なお店の雰囲気に

すっかり緊張はほぐれていました。

透明感溢れる白うさぎの様なゆきさんに、たくさんの人が惹かれる訳がわかりました。

ゆきさんのお店にもドライフラワーが素敵に静かに飾られていました。

二階へ上がると、ミナペルホネンなどゆきさんセレクトの洋服が並べられています。

皆川明さん直筆のガラス窓。

震災の時も、かろうじて難を免れ、今もお店にただならぬ雰囲気を漂わせています。

ちゃっかり記念撮影にまで応じてくれたゆきさん。

来てよかったなぁ〜としばらく余韻を残してくれる、そんなお店でした。

いつも必ず寄っていた実家の近くの大好きな雑貨屋さん「WALET」も

健在でほっとしました。

帰省の度に、何かしら可愛いらしい手芸用品を買って帰り、

いつも帰省の楽しみの一つでした。

震災の影響で、規模も縮小されていて、

おそらくお店の立て直しもまだこれからなのでしょうが、

ゆっくりゆっくり、残っていってほしいです。

今回の熊本帰省、今さらかもしれませんが、色んな所にまだまだ震災の跡が残っていて、

親戚が避難所生活をまだ送っていたり、川へ行くにも迂回路を通ったり、

なにより、実家の周りのご近所さんの家自体が、たくさん無くなっていて

それをまず目の当たりにしてびっくりしました。

それでも、義理の両親も義理の姉も、行く先々の皆さんもにこやかに元気。

私も息子達も、すごくリフレッシュして、阿蘇にパワーをもらって帰ってきました。

最後、出発前に実家裏にあるファミレスで出てきたかき氷が

やたらデカくてたまげたので、つい。

阿蘇山のようなかき氷なのでした★

また来ます、熊本。

 

 

 

 

 

 

夏休み入って第一日目は私のバースデーでした。

そんなバースデーには関係なく子供達との慌しい夏休みの一日目が始まりまして、

圭開とも初めてのラジオ体操経験から帰ってきて早々、2人の散髪大会。

夏休み初日にさっぱり!とまるで自分に気合入れるかのように、

いつものようにバリカン段切り替えとすきバサミを駆使して、あぁ〜さっぱり♪

2人とも生まれてこの方美容院に行ったことがありません(^^)

圭のビューラーをしたようなこの睫毛、

いつも羨ましいな〜と横顔をみつめてしまいます(^^*)

その日の夜は、パパの仕事帰りと待ち合わせをして

武蔵小杉駅近くのアジアン料理店「BAKASOUL asia」へ。

友達に美味しいよとすすめられ。

賑やかしい店内に圧倒されつつ、ベトナム、タイ料理を食べる。

私は美味しかったけど、子供にはパクチーとかが苦手で

いまいちウケがよろしくありませんでした(^^;)

家に帰ってデザートでお祝い☆

最近はまっている「HAND BAKES」のタルトを贅沢にも4つ。

私はお初のマンゴー、圭と開はフルーツ盛り合わせ、パパはキャラメルタルト。

ピスタチオクリームとタルトの相性が抜群で、美味しかった〜♪

実はその前の週にも、圭とパパの誕生日が続いていて、

いかんせんくっついているものだから、

お祝い気分も一つ一つはさらっとしちゃいまして…(言い訳f^^;)

パパの誕生日は、これでいいというものだから、

いつものアップルケーキ。

申し訳ないくらい簡単ケーキなのですが、

うちの男三人は、生クリームたっぷりケーキより、一番食べるのがこのケーキかも(^^)

鉄板ケーキなので、大人数の集まりにもよく持って行くのですが、

バターを使わない素朴で懐かしい味のケーキなので

よくレシピを聞かれます。

圭の誕生日は、これも友達が教えてくれた焼肉屋へ。

家族で行った時は料理の写真は撮りません(^^;)

おしゃれに悠長に写真撮ってる場合ちゃう(^^)y

誕生日であることすら忘れているような、朝から散髪バタバタの私のバースデーに、

お昼過ぎ、ピンポーン♪と鳴ったので玄関に出たら、お届けものが。

箱を開けたら。。。

ユーカリとミモザのミニリースが入っていました♪♪♪

ふぅ〜っと、自分の誕生日に自分を引き戻してくれて、

あ〜、私誕生日だったと、気持ちを静めてくれました。

上海から同じタイミングで関東に帰国してきたりっちゃんからのお気遣い♪

覚えててくれて本当に嬉しかったです。りっちゃん、いつもありがとう。

そんな誕生日の翌々日、以前から行ってみたいと思っていた「布博」へ行って来ました。

2週にわたって開催され、今日が最終日のようですが

私は1週目の糸とボタンに恋をする週末の方だけ行って来ました。

まず向かったのが靴下パーラー。お目当てがあったから。

そして、無事お目当てをGET★

そのお目当てがこれ。クリボテラさんのシロツメクサの靴下。

なんと最後の一足。

靴下パーラー最終日の午後だったので、半ば諦めていたのですが・・・

嬉しかった〜♪

靴下好きとしてはおさえておきたいクリボテラの第一足目が、

狙い撃ちのシロツメクサで幸せです(^^*)


あと、織りや毛糸のお店に片隅にメインじゃない感じで置かれいた

小さな布花のブローチ。淡い色合いの組み合わせに惹かれて購入。

お手頃な値段だったので、自分で片耳イヤリングにしようと

お店の方にピンの除き方をアドバイス受けて持ち帰りました。

帰り際、小さな声で、こちら「アトリエ染花」さんが作られたものなので

お値打ちだと思います、とこっそり教えて下さいました。

アトリエ染花さんは以前から可愛いな〜と知っていたので

へ〜やった〜♪掘り出し物を見つけた気分。

出してるお店は違うけれど、いろいろコラボみたいな感じで出されていたみたい。

早速家にあったイヤリングパーツをつけて、耳に飾るとこんな感じ♪うれしい。

デッドストックの綿レースは、

今はまっているスカラップモチーフみたいだな〜、カフェオレみたいだな〜と思い購入。

もひとつ、CHARKHAの糸ボタンは、わっ!ある!と

お店見つけたときはちょっと興奮。これ、前から興味があったの。

好きな色の糸ボタン選んで、こんな並びでイヤリングにしようと買いました。

まだくっつけてアレンジしてないけど、今から作るの楽しみです。

以上、私の布博レポートでした。

会場の町田パリオもなんだかレトロで、鳥の看板が可愛かったです。

あ、蛇足ですが、この日の布博コーデ。

夏なのに、こういう茶色と黒の組み合わせばかりに惹かれる最近。

そこに緑も挿してみました。

自作のブラウンパンツにバリ島の激安フリフリノースリーブ。

胸元には毎度のことながらスカラップブローチを★

6月の手づくり市以降、更に色を増やして作ったビーズの一色ネックレスも

この日は緑とシルバーを重ねていきました。

このレトロな緑のお花スカーフは、

実家の近所のおばちゃんにむか〜しハギレをもらったので正方形に縫ったもの。

ダサいけど意外と好き。

ほんとは今週の「作り手に恋をする週末」の方も行って見たかったけど、

手芸材料、布物がわんさかたまっているので、まずは目の前の材料で色々作るの優先。

2週目は、インスタの溢れるような布博写真の数々で既にお腹いっぱい状態だったので

次回にとっときます(^^*)

さて、その布博から帰ってきた晩は、マンションの子供達みんなで花火でした★

圭開にとってもはこの夏最初の花火。

住宅街なので、大きな花火は控えて、手持ち花火のみでしたが

花火の大量の袋を親が次々と開け、並べて、

次々と子供達は火をつけて、楽しんでいました★

夏休み入ってすぐ、

しかも春に越してきて間もないのに、引越し以来こうして自然な形で声掛けてもらって

馴染ませてもらって、ありがたいな〜と思います。

さて、夏休み入ってから行ったとこ。

まず先週あたまに「川崎市子ども夢パーク」に行ってきました。

上海の幼稚園同窓会!

あまりのワイルドな泥んこぶりに引かれるかも...(^^;)とも思ったのですが

めちゃくちゃ楽しかったので載せます♪

捨ててもいい服着用で、と前行ったことがある友人のススメでここに集合。

このウォータースライダー、というか泥水滑り台は

子供達に大人気!

みんな何回も何回も繰り返し滑っていました(^^)

今時こんなに手放しにハチャメチャ泥んこ遊び出来る所、そうない。

あれしちゃだめ、これ汚い!の禁止事項も一切なし!

除菌も消毒もそんなのないよ。

でも、目が痛くなったとか帰って来てからも特に何もない。だから全然大丈夫。

子供にとってすこんと突き抜けた楽しさだったに違いない。

しかも無料!

南武線津田山駅すぐ。シャワーあり。親は屋根下でおしゃべりで楽。

帰り際の泥おとしだけはちょっとがんばらなあかんけど。

家からもそんなに遠くないところにこんな楽しい場所があるなんて。

また連れて行こうかな♪

上海から帰って来ても、こうして懐かしい顔に会えるのは、

関東に来たからこそかもしれない。

多いの、関東組が。

初めての関東暮らしに不安を抱えていたけれど、

意外とみんなと会える機会があるので嬉しいなぁ♪

上海仲間といえば、おとといも、上海で一緒のサッカーチームに入っていたお友達と

横浜みなとみらいの「カップヌードルミュージアム」に行って来ました☆

1人は広州からの一時帰国、一人は上海からの一時帰国。

ミュージアム自体も開放的でかっこよかったです。

夏休みということで、たくさんのお客さんで賑わっていました。

若いカップルも多かったです。

ずらりとならぶ歴代のカップ麺達は、なかなかの圧巻。

中国からの観光客も多かったですよ。


事前に予約していったMyカップヌードル作り。

まずは、カップからオリジナルで描きます。

スープの味を4種類から、具材も12種類から4種類選べます。

↑これは圭の具材。

チェダーチーズやキムチもあるの。

ひよこちゃんナルトも惹かれたけれど

トマトチリのスープを選んだ私は、

チーズ・キムチ・ポテト・ピーマンをチョイス。

こんな感じでMyカップヌードル作ってきました。

夏休み中の昼にあっという間に食べちゃうね、きっと(^^)

お昼は屋台風のいろんな国の麺が食べられるフードアトラクションで。

私はフォーを、圭開は、チキンラーメンのトッピングいろいろで2杯食べていました。

展示もなかなかシュールだったし、

インスタントラーメンの父、百福さんの歴史映像もなるほど勉強になりました。

これ、安藤百福(あんどうももふく)さんね。

久しぶりに会ったお友達、ちょっと見ない間に背が伸びてるように見え、

頼もしく映りました。また会いたいな♪

さ、7月ももうすぐ終わり。

8月は両実家に帰省します。石川と熊本。いっぱい自然体験してこよう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みに入りました。夏休みに入るとなかなか刺繍するまとまった時間がとれないので

オーダーいただいているボタンは夏休み前にお渡ししたいと

手づくり市、はるとゆき雑貨店さん納品後は、せっせとオーダー品を

制作していました。

まずは帰国前からオーダーいただいていた上海のサッカーチームのユニフォームバッチ★

随分とお待たせして申し訳ない。待っててくれてありがとう(*^^*)

息子さん用にrossoとverelo。

ママもサッカーチームに所属していて、オレンジと紺の縞のRagazze U。

記念に3つのバッチを注文してくれてとっても嬉しいです。

夏休みの一時帰国時にご実家への郵送、発送済みです☆

次は「Kちゃんのバレエのチュチュ」

Kちゃんのコンクール衣装を元に、ブルー系のオーダーをいただきました。

グレー地はKちゃんが自分でセレクト。

大人っぽいチュチュのヘアゴムです。

思えば、小学5年生の圭を産んだ産婦人科のマタニティヨガで知り合ったAちゃん。の娘がKちゃん。

同じ月に出産し、帰省の時に会ったりしてかれこれ11年…

美しく成長したもんだ。11歳のお誕生日おめでとう☆

久しぶりに刺繍した「幾何学模様」のブローチ。

圭と同じクラスのママKさんからオーダーいただきました。

この写真はお渡しする前、私の籠バッグで撮影したものですが、

Kさんも、お手製の籠バッグを持っていらっしゃって、そのバッグに合わせようと

オーダーしてくれました。

夏休み前にお渡しできてよかったです。

こちらも久しぶりの「海月ブローチ」。

と、お友達へのプレゼント用にチュチュのブローチを。

この方も上海帰国前からオーダーしてくれていて、一時帰国のご実家に発送しました♪

夏に作るの楽しい「カブトムシとクワガタ」

小学1年生の開のお友達ママから、兄弟で付けたいから欲しい!と

オーダー受けました★

うちと同じ男の子2人。幼稚園の弟くんがいるのね♪

夏に元気に付けてね♪

 

7月は我が家birthday月間で、今日その記事もまとめて書こうと思ってたんですが

毎朝のラジオ体操早起きと2人の息子に一日付き合いで、もうネムネム。

次回載せさせてね〜(^^)おやすみなさい☆

 

 

 

夏休み入ったら女子スポットにしばらくお出掛けできなくなるので

先週はお出掛け詰め込み、

もたもたばたばたしてたらブログ更新できないまま夏休みに突入しちゃいました(^^;)

まずは、2年前に上海から帰国した同じ名都住民だったMちゃんと「手紙舎」各店へ。

ずっと気になっていたけど、いくつか店舗が点在しているからよくわからなくて...

遠かったけど、この水色の店構え見た瞬間に来てよかったな〜と(^^*)

こちらはつつじヶ丘の「手紙舎2nd STORY」

店内には靴下や布小物、マスキングテープなど様々な作家さんの作品が並んでいます。

私達はランチ後に向かったので

スパイスチャイなど冷たい飲み物を飲んでしばし休憩。

2ndSTORYは2階にありまして、一階は「手紙舎 本とコーヒー」があります。

こうやって何箇所かに分かれていて、

ネット見ててもいまいち混乱してわからなかったのですが

行ってようやくしくみがわかりました…(^^;)

「本とコーヒー」は、さすが本のセレクトや陳列の仕方がおもしろく、

読書ゴコロがくすぐられるお店になっていました。

ここで買ったのが「レモン」というCD。

原田知世&伊藤ゴロー&このジャケット。

一撃でやられてしまいました。

1曲しか入ってないけど、♪レモン〜♪と原田さんのあの声で始まる曲に、

聴いてまたやられました。

あんまりリピートしてかけてたもんだから、圭も開も覚えちゃって

「レモ〜ン〜♪」とまだ可愛らしい声で口ずさんでくれます(*^^*)


上の2つのお店に行く前に、先に手紙舎本店でランチをしてきたのでありました。

歩いて15分程離れています。

蛸とひき肉の組み合わせが新鮮で美味しかったです★

おてふきが可愛かった★

結構最寄りの駅から離れた辺鄙な所にあり、

東京蚤の市や布博を主催されている手紙舎さんのイメージで

この待ち合わせ場所に向かったので、

正直2人ともこのロケーションにびっくりしました、意外で。

小さな子供が遊ぶ団地や公園の中に突如ポンと現れ、最初わかりませんでした。

それでも、開店前から一組遠方からかスーツケースを抱えた方が並んでいて、

店内狭いので、ランチ時にはすぐにテーブルが埋まっていました。

むか〜し好きで買った「ユルリナ」という今はもう出されていない小冊子も

全号置かれていて、これ欲しかった〜

私は2冊しか持っていないのだけど。。。

お店用ということで販売不可でした。

店内には本棚にたくさん素敵な本が並んでいて、

もし近かったらひとり本読みながらご飯しに立ち寄るのにな〜と思いました。

恥ずかしながらの畳置きこの日のコーデ。

インスタ始めたら、みなさん、撮り方並べ方おしゃれおしゃれ。まめだな〜と感心します。

着る前に箪笥から出してその場の畳に置いて撮ってみたよ〜

おしゃれじゃない(^^;)早く着替えなきゃ遅れるっちゅうねん。

でも、しっかり自分の作品は一応アピールしとくというね。

コーヒー豆のようなスカラップブローチ。

茶色と黒の組み合わせ、最近大好きです★

さて、その翌々日には、1年生の開と同じクラスのママ友に

日暮里の繊維街に連れて行ってもらいました。

おしゃれ過ぎない雑多なスポット、大好きなので

わくわくして連れてってもらいました。

たくさんの布お店に立ち寄る中

なかなか独特のキッチュなボタンやワッペン、雑貨などが並んでときめいたこちらのお店、

店内は撮影禁止だったので、看板のみパシャリ。

スワンのボタンを作った時に一緒に撮りたいなぁ〜と

こちらのレースワッペン?を買いました。

あれだけ上海で布物買ってきたから、

今回は日暮里とはどんな雰囲気かを見るだけのつもりで案内してもらったのに…

また。あぁまた。

布買っちゃった(^^;)

だって。くすんだ水玉のタナローンは100円/m。2m買う。

誰かにブラウス作ってもらいたい。理想の形はあるのにな〜

こういうとき上海を恋焦がれる。ピンピンさんに作ってもらいたい〜

籠バッグの持ち手がとれてきたので縫いつけようと黒い皮も。

あとは、ソレイアードの花柄ドット。この水色に惹かれて。

前にホビーショーで迷って買わずに帰ってきたこちらもソレイアードのテープ、

心残りに思っていたので今回は買ってきた。

4月に初関東こちらに越してきて、手づくり系でお友達が身近にできてありがたいです♪

6月の手づくり市で買って下さったスカラップのブローチを、

この日つけてきてくれたYちゃん。

ピンクのTシャツにガーリーに組み合わせてたのが新鮮で、

これにボトムス黒を合わせてたのがとってもお上手でした。

入学式でお見かけした時から、素敵なお洋服のセンスだな〜と思っていたので

そんな方に早速付けていただけてすごく嬉しいです♪

そして要らないかもしれない私の日暮里コーデ。

手製の黒リネンワイドパンツに、

大のお気に入りtraditional weatherwearのリネントップス。

黒のチューリップだと、

花柄onでも甘くならないかな。

とっても楽しい繊維街ツアー。今度はひとりでまた行こう。

さて、最後は海の日。パパは出勤だったので、2人を連れて近くの等々力緑地へ。

自転車で向かったので、着いたなりから汗だく。

そこで待っててくれたかき氷は、まるで天国のよう。

会場入る前に、まずは氷でひと涼み。。。

 

ブルーハワイにメロンもかけてくれて、きれいな色でした〜♪

べぇ〜してみ。

すごい色(^ー^)y

友人からチケットをいただけたので近いしいいやと向かった

「からくりトリックの世界」展。

入るなり、来てよかったな〜と思いました。

素朴な木のおもちゃの数々は、会場に居るだけでほっこり和んだ気持ちになりました。

かたかた動いてかわいいの。

私は、木のおもちゃだけは、子供がエイジアウト、

使わなくなっても段ポールにいれてとっといてあります。

将来また出番があろうがなかろうが、あたたかみがあって大好きです。

どのおもちゃも触ることができて、圭も開も夢中になってからくりで遊んでいました。

ほんとは動画で載せたいけど。。。

どれもすばらしい仕組みでした。

そしてお次はトリックのコーナーへ。

撮り過ぎて携帯の電源切れた。

意外に演技派な圭と開にくすくす(^^)

全然期待せず行ったからくりトリックの世界展。

おもしろかった〜★★★

さ、やってきました魔の夏休み。

今年はいっぱい遊ぼう!と自分を奮い立たせる…(^^;)


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

刺繍カフェの詳しい内容

オーダーについて

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM